リアル・ライフ・ダイアリー

2010年10月30日

ゲーム機のコードを一つにまとめる

今週の中休み
暇つぶしに、アマゾンを眺めていたらこんな物を発見!

これは、ゲームテックの4機種対応D端子ケーブル『コレだけ D端子ケーブル』というゲーム機接続ケーブルです。

価格が3,000円弱と少々割高ではありますが

これ1本で、PS2・PS3・Wii・Xbox360のゲーム機接続が可能です。
コードの途中に切り替えスイッチが付いていて、切り替える仕様になっています。

My自作PCとゲーム機は、それぞれのD端子で接続している私にとってはコードが1本になるだけではなく、D端子の接続をイチイチ行わなくてもよくなる一石二鳥な展開

D端子コードが1本1,500円くらいなのを考えると、3機種該当すれば十分元は取れると考えられます。
唯一の不安は、スイッチ部分の耐久性でしょうか?
接触不良になると、全てのゲーム機の接続が…
その不安さえどうにかなれば良いアイテムだと思います。

ちなみに、分岐(スイッチ)後からゲーム機に接続するコードの長さは50cmとか…
ゲーム機の配置によっては色々とストレスが溜まるかも知れません

それにしても、良いアイデア商品だと本当に思いました。

2010年08月23日

WiiをD端子でつないでみる

PC移行してから約1週間
ようやく日常に支障がでないくらいにはなった感じ

PS2・PS3では、CRA端子(コンポーネント)ケーブルとD端子ケーブルの差は歴然
逆にWiiはその差があまりないと言われてイマイチマイナー?

WiiのD端子ケーブルの価格が任天堂のライセンス商品で約2,500円
認証外D端子ケーブルでも1,500円

コストを考えると確かに微妙かも知れません
ただ、ネットで検索してみると、630円(銀行振り込み手数料は別、更に郵貯とりそなしか使えなかった…)

試しに使うには十分魅力的
とりあえず今日届いたので、早速画像を比較

WiiをD端子でつないでみる
(画像から1000×1000の画像に切り替え可能)

ぱっと見すると勘違いしそうな感じに仕上がってたり…
たぶんJPGへの変換問題だと思います。

注目するところは文字

WiiをTVで遊ぶときに一番ストレス溜まるのは文字を読む時
CRA端子ではぼやけて見えるのが、D端子ではくっりきと見えてます

RPG(あんまりないけど…)やる時は、D端子がオススメかも知れません
数千円なら微妙かも知れませんけど、数百円なら魅力的だと思います

価格コムで調べてみると、もっと安いのが見つかるかも知れません。
ちなみに、今回購入したのはCYBERGadget(サイバーガジェット)のD端子ケーブルです。

送料は定形外郵便なら無料
郵貯やりそな銀行でATM振込みできれば振込み手数料も無料
振込みした当日に発送してくれるので、翌日から翌々日には到着

近くのゲームショップでは1,500円位だったので
ネットのほうが絶対にお得だと思います。

2010年08月18日

PS2をD端子で繋いだらこうなった

Windows7に移行してはや数日
一通りの作業を終え、ようやく日常生活に戻れた様子
新しく導入した無料のアプリケーションについては追々記事にするとして、まずは家庭用ゲーム機の接続かな?

もともとゲームはあまりやらない
でも、やるならPC上でやるのが通例
今までは、アナログキャプチャーで繋いでいたので、画面が小さいのが難点
ただ、ハードエンコードで遅延などの操作性はそんなに悪くなかったと思う

地デジも本格的に導入した事だし、家庭用ゲーム機にもD端子を導入する事に…


とりあえず、D端子接続で用意したもの

1.ゲーム機各種(当たり前?)
2・D端子がついているAVケーブル(詳細は下画像から)
3.AREA 必殺捕獲術 SD-USB2CUP4(USB2.0でD端子を接続)
4.D端子中継アダプタ(詳細は下画像から)

5.あかねキャプチャー(フリーのキャプチャーソフト)

 
 

全て揃えると7,000円位になったと思います。
付属のキャプチャーソフトは、ゲームをプレイするには使い物にならないレベルなので、フリーソフトのあかねキャプチャーを使用(画像は下)

方法は特に難しくないので割愛(繋ぐだけ…)
あかねキャプチャーの設定は他のブログの方が丁寧


飛ばして画像比較

まずは、昔の映像(S端子接続)
S端子入力

D端子接続の画像(100%での出力・拡大表示可能)
D端子接続の画像(100%での出力・拡大表示可能)
GIMPにてJPEG(画質80)にて保存

D端子接続の画像(200%での出力・拡大表示可能)
200%での出力・拡大表示可能
GIMPにてJPEG(画質80)にて保存

ちなみに、拡大した画像が実際の画面の大きさ
ぶっちゃけ、その画像を見て納得いくかどうかの問題だと思う

正直小さな画面ではそんなに変化はない(もちろんS端子でもそれなりの画質だが、黄色の端子だと結構差が出る)けど、画面を大きくしたらその差は歴然
D端子なら普通のテレビに接続した感じでゲームが楽しめそう…

後は、費用対効果をどう考えるか?
個人的には満足してますけど…
でも、ゲームやんないんだけどね(笑

ちなみに、パソコンのスペックが足りないとカクカクになったらフリーズしたりします。
予算が2万円以上あるなら、HDMI

こちらなら現状では最高の環境

ただし、VGAの機能を考慮しないといけないので
結構費用が掛かるかも知れないかも?

自称ゲーマーでもない限り
趣味の範囲でゲームを楽しむのなら、D端子が一番コストパフォーマンスが良いと考えてます。