リアル・ライフ・ダイアリー

2011年08月11日

iRadio POP を購入してみたり…

iRadio POP ってご存知ですか?

インターネットラジオ&テレビの視聴、録画、録音が可能!
という安価なツールです。
楽天で購入しても、2000円弱

一部を除いた、世界のネット放送を受信できるようです。

せっかくなので、購入!
今日届いたので接続!

日本の放送局も受信できるみたいです。
ただ、ネットで一般開放されている番組だけです。

とりあえず、時間があったらレビューしてみたいと思います。

2011年06月02日

1080p対応 HDMIセレクター到着!

ネットを見ていたら、HDMIセレクターが安くなってました。
この前購入した時は2,000円台でも安いと思いましたが、現在では1,000円台で買えちゃうようです。

ブランドの違いもあるのでしょうが、使えれば良いと思うので人柱!

もの凄く小さく、携帯電話の約半分くらいの大きさ
入力3つに出力1つ(当たり前か?)

ほとんどのテレビの空いたスペースに置くことが出来ると思います。

動作確認は、PSPをテレビ出力するのと、PS3とDVDで確認しました。
どれも問題なく出力できたので一安心

HDMIケーブルは長さにもよりますいが、一般的なAVケーブルよりも格安!
楽天でも、メール便対応で2m、105円とか安いものが多いです
下のショップでは、105円のメール便210円で315円!
実店舗で買うより安いのではないでしょうか?

HDMIケーブルを購入するなら「バージョン1.3」以上です。
1.4になると3D対応になるのですが、特に必要ない方は1.3で十分だと思います。

1.4対応でも200円程度で販売しているので、PCショップ専門店街が近くにない方は交通費を考えてもネットの方が安いと思いますよ(笑

2011年03月05日

BSデジタルをやっぱり分配

先日購入した、東芝「レグザチューナー D-TR1」
地デジだけ分配してそれぞれのチューナー(東芝と液晶テレビ)に付けていたのですが、先日ACLを見たときにBSと地デジも一緒に見れない事が発覚
結局、BSデジタルも分配する事にしました。

BSデジタルをやっぱり分配

東芝「レグザチューナー D-TR1」はシングルチューナーと知っていたのですが、BSと地デジで1つづのシングルチューナーではなく、両方で1つのチューナーと再認識だったり…

出来るだけ安く済ませるために、必要なものはネット通販を中心に集めました。
安く仕上げるには、ケーブルのカテゴリーを下げるのが一番!
そんな訳で、同軸ケーブルは4Cをチョイス

同軸ケーブルはネットよりもホームセンターの方がお買い得?
ネットだと送料だけで500円以上かかってしまいます。
私は近所のコーナンで7mを980円で購入
実際には1m×2本なので、まだ5m残っていたり…

DXアンテナ 4C同軸ケーブル 3m S4C-FV-3B

DXアンテナ 4C同軸ケーブル 3m S4C-FV-3B
価格:240円(税込、送料別)

購入したコーナンの7mの同軸ケーブルは両端にプラグが付いているので、両端ちょん切って4C用F型接栓は2個使用

実際には2,000円程度かかりましたが、あまった備品を考えると1,000円以下?
4C用F型接栓自体は10個まとめて購入。
知り合いの需要にも対応できるので持っていて損はないかと…
同じく同軸ケーブルも5m程余り
今後の需要用に対応って事でしょうか?

デジタル放送においては、同軸ケーブルにおいて色々と意見があるようですがとりあえず一方的な私的感想

まず同軸ケーブルのカテゴリーチョイスについて…

ご存知の方も多いと思いますが、ケーブルは距離が長ければ長いほど損失によってデータが壊れて行きます。
今はデジタル放送の話なので、損失によって減少するのではなくて壊れるという表現です。

我が家では、地上デジタルは5Cの同軸ケーブルを利用
BSデジタルでは4Cの同軸ケーブルを利用しています。

地上デジタルで5Cを使用している理由は、受信感度が良過ぎて残像が出る可能性があったからです。
屋内卓上地デジアンテナ(PCで使用しているアンテナ)では3Cの同軸ケーブルです。
こちらは、地デジの感度があまり強くないのでこのケーブルでも残像が出ることはありません。
5Cの地デジ感度は80以上
3Cの屋内卓上地デジアンテナでは感度が30~50
要するに、同軸ケーブルの選択は受信と距離によって変わって来ると思います。

心配なら5Cが絶対にオススメです。
これは長いものには巻かれろ的な発想でもあります。

次にBS受信…

こちらは4Cで十分だと思います。
我が家では、約30m程度ケーブルを引っ張っていますが、4Cで十分です。
こちらも長いものには巻かれろ的な発想で5Cがベストなのですが、元々衛星放送は電波が弱いです。
なので、4Cでも十分対応できる訳です。

BSアンテナから3m以下なら3Cでも十分だと思います。
ケーブルの価格を考えると、コストパフォーマンス的に4Cがオススメだと思います。
自分で配線するのに5Cだと太くて重くて結構大変
4Cならそれなりに自分で出来ると思います。

これはあくまで一方的な私的意見です。
それでも参考になったら嬉しいかな?

長い文章お疲れ様でした…

2011年02月12日

結局?東芝「レグザチューナー D-TR1」購入 その2

夕方に少々時間が空いたので、早速HDD一式を購入
寝室の部屋にて新しく導入してみました。

3.5インチHDDだと録画失敗があったのを考慮
今回は2.5インチHDDで使用してみようと思います。

とりあえず、今日購入したモノ一覧

①日立2.5インチHDD HTS545050B9A300(5400rpm 500GB) 4,380円
②2.5インチHDDケース ノーブランド H-25-SA(黒) 600円
③分配器 550円
④HDMIケーブル(1m) PLANEX 規格1.4 350円

同軸ケーブル(テレビ⇔分配器、PVR-3⇔分配器で2本) 所有物


前回は配線について書いてませんでしたが、シングルチューナーの地デジテレビとシングルチューナーのEXEMODE PVR-3を有効的に使うには、それぞれに地デジケーブルを繋ぐのが一番だと思います。

要するに、

地デジアンテナ → 分配器 → EXEMODE PVR-3
              ↓
            地デジテレビ

これなら、テレビはテレビで独自に地デジを受信でき
EXEMODE PVR-3はEXEMODE PVR-3で独自に地デジを受信できる訳です。

地デジテレビとEXEMODE PVR-3はHDMIケーブルで接続すれば、劣化もほとんど無い状態になると思います。

とりあえず、数日使ってみて起動エラーによる失敗がないかどうかを調査ですね。

結局?東芝「レグザチューナー D-TR1」購入

先日EXEMODE PVR-3を購入して色々と弄っていましたが、比較対象とする機種が無いため、色々と良いのか悪いのか…
結局、東芝「レグザチューナー D-TR1」を購入して比較してみようとかと思います。

今回購入したのは下の東芝「レグザチューナー D-TR1」
価格は16,200円で送料込み
ドンキ・ホーテだと15,800円で売られているので、近くにドンキがある人はそちらで購入したほうが安いと思います。
実際には400円しか違わないので、家まで運んでくれる送料無料のほうが楽と言えば楽なんですけどね(笑

さて、数十分弄んだ率直な感想…

起動が早い♪
EXEMODE PVR-3はHDDを読み込むのに40秒かかっていたのが、東芝レグザチューナー D-TR1では10秒程度

設定の手順についてはそんなに変わらないです。

最大の関心は、EXEMODE PVR-3で起きた起動エラーによる予約録画の失敗がどうなるのか…
詳細は調べようがないので不明ですが、起動時間が40秒程度かかっていたのが原因だと予想しています。
その原因の確定の為に、今日2.5インチのHDDを購入してEXEMODE PVR-3を再度動作実証してみたいと思っています。

コメント頂いた方の意見では、日立の2.5インチ(500GB)ではバスパワーで快適動作とか…
とりあえず、参考にさせていただいて実証してみたいと思います。

2011年02月07日

EXEMODE PVR-3の評判良くないねぇ…

先日購入したばかりのEXEMODE PVR-3

我が家では普通にお仕事頑張ってくれています。
しかし、価格.comでの評価はお世辞にも良いと思えません…

そこで、価格.comの悪評を踏まえて、新しく感想・評価をしてみようかと思います。


<操作性について>
実際に録画をするためには、今見ている番組の録画=録画ボタン
録画予約については、番組表から録画したい番組を選択して、表示にしたがって録画予約

両方とも、特に問題はないと思います。
しかし、番組表のが使いづらいのは評価の通りだと思います。
後、メジャーメーカーでは常識なキーワード録画も出来ません…
この辺りは、仕方ないといえばそれだけかも知れませんけど…

あと、追っかけ再生対応しているので、録画中も再生できます。
シングルチューナーなので、別番組は見れないと思います(まだ試してないので実は見えるかも…)

<画像について>
画像については、液晶テレビに繋いだのと変わらないと思います。
画像=液晶テレビの性能
こんな関係式で間違いないと考えています。
出力端子にHDMIがあるので、デジタル→デジタルなので劣化もほとんどないと考えられます。


<外付けHDDについて>
我が家では、以下の状態で普通に認識しています。

ハードディスク WesternDigital WD20EARS(2T)
3.5インチ外付けHDDケース 玄人志向 玄蔵GW3.5AA-SU2/MB

HDDの電源供給については、ユーザー側の知識の問題でもあると思います。
基本PCでは電源に余裕を持って設計されているので、2.5インチHDDくらいならUSBからの電源供給でまかなう事が可能です。
しかしEXEMODE PVR-3のような小規模家電では、電源の設定が必要最低限になっているので、HDDをUSBからのバスパワー供給にすると、内部的に電源不足になり動作が不安定に陥ってしまいます。
ハードディスクの認識については、相性と言うより電源の供給の問題がほとんどなのが現状です。これはWiiの外付けHDDでも同じだと思いますが…

10,000円以下で2Tが組めるので、わざわざどこのHDDを使用しているかわからないメーカー品を購入する価値が私には理解できなかたり…


価格的には1万円以下で、地デジ・BS・110度CSに対応したチューナーとしては間違いなく魅力的な商品だと思います。
比較対象となる機種は間違いなく東芝「レグザチューナー D-TR1」だと思いますが、EXEMODE PVR-3には光デジタル音声端子が付いている点で評価できます。

東芝「レグザチューナー D-TR1」の方では、レグザリンクがありますが、テレビがレグザでない私にとっては関係ありません。

デジタルテレビチューナーで注意しないといけない点が一つあります。
地デジでの録画は、録画した機器以外では再生できません。

これは、レグザだろうがビエラだろうがEXEMODEだろうが同じです。
この点を考慮するとメジャーブランドの方が将来性はあると言う結論になります。
しかし、永久保存しなければ…

使用目的は人それぞれなので、予算に見合った選択で良いのではと思います。

2011年02月05日

地デジ・BSデジタル・CSのデジタルチューナー PVR-3

先ほど購入した、EXEMODE「PVR-3」を早速繋いで使ってみました。

私は某電気屋さんで9,999円で購入です。

現在の表示価格では、
価格.comでは、イートレンドで送料込みで9,696円だそうです。
amazonでは、9,980円(もちろん税・送料込)

さて、実際に使ってみての感想です。
全体的には価格的には満足できるデジタルチューナーだと思います。

HDMIケーブルでの出力があるので、液晶テレビのHDMI端子に接続すれば、1080iで出力可能なので画質は十分かと…

地デジ以外にも、BSデジタルとCSチューナー内蔵、更に録画も可能
HDDは外付け対応なので、2T(市場価格7,000円位?)と外付け3.5インチHDDケース(REGZAなどに対応しているのが良いみたいです。USB2.0で十分)
後、接続用のケーブル(付属はアナログなので、HDMIケーブルが必要?)

必要に応じて、分配器(1本のテレビケーブルを2本に別けるもの)
とりあえず、わかりずらいので以下にまとめてみました。


デジタルチューナー EXEMODE PVR-3 9,999円
ハードディスク WesternDigital WD20EARS(2T)6,980円
3.5インチ外付けHDDケース 玄人志向 玄蔵GW3.5AA-SU2/MB 1,670円
HDMIケーブル(1m) PLANEX 規格1.4 350円

分配器(2400MHzまで対応の物) ノーブランド 550円
同軸ケーブル(テレビ⇔分配器、PVR-3⇔分配器で2本) 所有済

延長ケーブル(電源の延長ケーブル) 105円
3口コンセント 105円

合計で、19,759円
それなりに費用がかさんだ感じではあります。

amazonで揃えるとどうなるか羅列


結構大変?
地デジのケーブルを分配して2本に別けるのには事情があります。
このデジタルチューナー EXEMODE PVR-3には、出力に同軸ケーブルがありません。
なのでHDMIだけで接続した場合、デジタルチューナー EXEMODE PVR-3を起動しないとテレビが視聴できなくなる可能性があります。

実際に、デジタルチューナー EXEMODE PVR-3を通してテレビを見るには、HDMI端子を画面出力する必要があります。
なので、独自にテレビを見るためには分配器で事前にケーブルを2つにする必要があるわけです。
これは、東芝「レグザチューナー D-TR1」でも同じだと思います。

ちなみに、メジャーメーカーの東芝「レグザチューナー D-TR1」だと、デジタルチューナーの価格が+6,000円なので、25,000円位になるのではないかと思います。


かなり話がそれましたが、高価なHDDレコーダー不要で、録画を考えている人にはオススメかと思います。
分配器を使う事で、シングルチューナーがダブルチューナーとして使えるのも結構魅力的?
一応付け加えておきますが、他のUSBレコーダー同様、録画した番組は他の機器(PC)などでは再生できないようです。

接続も特に難しくないので、アリかと思っています。
久々に良い買い物しかかも知れません。

地デジ・BSデジタル・CSのデジタルチューナー

データ保存用のハードディスクを見に近くの電気街へ…
某店でこんな物を発見しました。
思わず購入…9,999円と微妙な価格ではありました。

地デジ・BSデジタル・CSのデジタルチューナー

EXEMODEという会社の「PVR-3」というデジタルチューナーです。
別途ハードディスクをつなげれば、デジタルレコーダーとしても活躍してくれるそうです。

お店のWEBで価格.comの評価も参考にして購入を決意しました。
もし、ダメだったら寝室のテレビに回せばいいし…ね!

同じような商品では、

IODATA HVT-BCTL(CS非対応)
IODATA HVT-BCT300
東芝 レグザチューナー D-TR1

位でしょうか?
とりあえず、今から取り付けなので、使用感想はまた後ほど…

2010年02月24日

ピクセラ製液晶テレビ PRODIA PRD-LA103-22

先日在庫不足で会計だけ終わらせていた、ピクセラ製液晶テレビ PRODIA PRD-LA103-22 が先ほど到着
早速、地デジの設定を終わらせて一休み…

上の写真は、PRODIA PRD-LA103-16W
同じピクセラ製の液晶テレビPRODIAの16型の白フレーム

店頭では、黒フレームが断然人気のようで品薄状態が続いているようです。
低価格メーカーの液晶テレビは値段相応の物が多いです。
ただ、このPRODIAはピクセラと言う会社が製造している液晶テレビで、他の安い物とは一線をかくレベル

もちろん、SONYなどの世界的なメジャーブランドと比べるのはどうかと思いますが
物のレベルはかなりハイレベルだと思います。

ちなみにピクセラは東証1部(6731)に上場している会社
地デジチューナーなどの製品ではトップブランドとしての地位を築いています

32型以上の画面サイズになると少々不安はありますが、20~26型の画面サイズであれば十分満足の行く製品だと…
当然、エコポイント対象商品
市場価格(16型:19,800円 22型:29,800円 26型:39,800円)はかなり魅力的だと思います。

この製品の最大のデメリットは販売している所だけだと…
現在、販売店が忌まわしきイオンとビッグカメラ
ネットでもほぼこの両店でしか販売されていません

価格的には、ビッグカメラの方が安い
現在では5%の値引きが行われていますが、5年保証をつけるとチャラ
イオンなら、5%OFFデーならビッグカメラと一緒
ワイド保証(5年保証)つけるとチャラ

ここにもう少し力を入れてこれば、ピクセラと言う名前が世間で認知されるのも時間の問題だと思います。

ピクセラ製液晶テレビ PRODIA PRD-LA103-22

2009年04月18日

ネットでサッカー観戦

日本ではサッカーの地上波放送がたまにしか行われません
もちろん、BSやスカパーなどに加入すれば毎週見る事も可能ですが、毎月の費用負担が発生します。
バリバリのサッカーファンで毎週世界各国のサッカーを観戦する人は例外として、私のように自称サッカーファンには少々敷居が高いのがネックです。

そんなニーズを受けてか、ネットでサッカー観戦をする事が可能になりつつあります。
私は、「Myp2p.eu」というサイトを通してサッカー観戦をしています。
Myp2p.euのトップページ

このMyp2pは、P2Pシステムを使って画像を放映しているサイトを集めたコミュニティーサイトで、ブロードバンド環境(ADSL以上で光回線を推奨)で映像を見る事ができます。
テレビ放映に比べてかなり画像は悪いですが、無料で視聴できる事を考えれば十分に満足できると思います。

基本的に使用するP2Pで画像などのレベルは変わりますが、前にも紹介した「TVAnts」などは安全に利用できると思います。
数あるP2Pでオススメは「Atmark [JP]」のMediaPlayerです。
「Atmark [JP]」のMediaPlayerは、かなり安定した映像を見る事ができます。
当然、P2Pなので画質自体はそれほどではないのですが、「TVAnts」などと比較すると天地の差があります。

Atmark [JP]」のMediaPlayer画像サンプル
↑画像から実際の画像の大きさを確認できます。

使い方はとってもシンプルです。
トップページから、上のタブの中から「Live Sports」をクリックすると、今放映されているリストが表示されます。

今放映されているリスト

下のタブの中から見たいスポーツのアイコンをクリックすると、それぞれのスポーツの番組表に移動します。
時間軸が世界標準になっているので、時間を知りたい人は、Timezoneタブを日本時間(+9:00)に合わせると見やすくなります。

2009.04.18.p2p2.gif

後は、Playからアプリケーションが自動的に起動します。
(おすすめのAtmark [JP]のMediaPlayerは、新しいウィンドウが立ち上がります。)

確かにスポーツは動きが激しいので見にくい事もありますが、毎週サッカー観戦を楽しめるのは嬉しい事だと思います。

2009年02月15日

八木アンテナ地デジチューナー(DTC10)のアップデート

今回パソコンで地デジを見るにあたって、色々と調べた結果
八木アンテナの地上デジタルチューナー(DTC10)でアップデートがある事を発見しました。

「DTC10」放送ダウンロードのお知らせ
http://www.yagi-antenna.co.jp/products/home/tuner/osirase_dtc10.html

内容を読む限り、2008年2月4日より実施されてたらしい…
せっかくの機会なので、アップデートを行いました。

合計2回で1回分のアップデートらしいので注意が必要です。
アップデートを行うと、チャンネル変換の時間が短縮され、視聴予約などの機能が追加されました。

今では10,000円前後で地デジチューナーが買えるので、わざわざ15,000円以上する八木アンテナの地デジチューナー(DTC10)の購入を検討する人も少ないと思います

・10,000円以下で買える地デジチューナー
(詳細は画像から確認できます!)

バッファロー

地上デジタルチューナー(DTV-S30)8,980円(税込・送料500円)

KFE JAPAN株式会社

地上デジタルチューナー(DSTB-1)8,980円(税込・送料630円)

アイオーデータ(IOデータ)

地上デジタルチューナー(HVT-T100)9,800円(税込・送料込)

ダイナコネクティブ

地上デジタルチューナー(DY-STB200)9,780円(税込・送料550円)

ピクセラ

地上デジタルチューナー(PRODIA PIX-XT030-P00)9,999円(税込・送料945円)


とりあえず、10,000円以下(送料別)で買える地デジチューナーは5種類確認できましたとさ…
ただ、政府は地上波デジタル完全移行までに5,000円程度で地デジチューナーを販売すると明言しているので、今のアナログ地上波で映像に満足している人は急いで購入する事もないと思います。

10,000円以下の地デジチューナーの特徴は、地上波デジタル視聴以外の機能が省かれている事!
アイオーデータ(IOデータ)の地上デジタルチューナー(HVT-T100)・ピクセラの地上デジタルチューナー(PRODIA PIX-XT030-P00)はD4端子が付いているようですが、HDMI端子は付いていません!

HDMI端子は、High-Definition Multimedia Interfaceの略で、家電向けのデジタル映像・音声入出力端子のひとつで、HDMI端子は映像と音声を1つにまとめているのが特徴で、簡単・確実に接続することができる端子です。D端子があれば必要ないと言われれば見も蓋もないですけどね…

ちなみに、地上デジタルチューナーを選ぶ基準としては、搭載チューナー(地上波デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル・CSデジタル)がどれだけ対応しているかと、搭載端子(HDMI端子・D端子・コンポーネント端子・光デジタル音声端子・i.Link端子)がどれだけ付いているかが重要になります。

もちろん画像の質は大切なのは言うまでもないですが、地デジチューナーを買う際に画像を確認してから買う事はまず不可能なので…

HDMI端子はパソコンのモニタなどに付いている事が多いので、できれば欲しい端子ではありますが…
実際にパソコン(PC)で地デジを見る時は、パソコン(PC)用のUSBチューナーなどがあるので、そこまで神経質になる必要も無いと思います。

・パソコン(PC)用のUBS地デジチューナー

ダイナコネクティブ

USB地上デジタルチューナー(DY-UD200)4,980円(税込・送料別)

アイオーデータ(IOデータ)

USB地上デジタルチューナー(GV-MVP/HZ)8,630円(税込・送料別)

2009年02月13日

ワンセグデジタルテレビチューナー到着!

先日(2月11日)に注文したUBSワンセグチューナー「DY-1SU01」が、先ほど佐川急便で到着しました。
楽天市場のECスタイルで送料込みの2,980円で買いました!
詳細は↓の画像から確認できます。
今確認したら、2,834円に値下がってる…(涙)

さて、泣くのはこの位にして、早速比較検討して見たいと思います。

私が、パソコンでTVを見る手段は3つ!

①KeyHoleTV(TVAnts)などのP2Pアプリケーションを使って視聴する
②地デジチューナーとTVキャプチャー(内蔵)を使って視聴する
③ワンセグチューナーを使って視聴する

それぞれの画像を比べるのが一番手っ取り早い




①KeyHoleTV(実物大の画像)
お金を使わずテレビをパソコンで見てみる!




②地デジチューナーとTVキャプチャー(サイズは自由に変更可能)
tidejigazousample.jpg




③ワンセグチューナー
DY-1SU01demo.jpg


ちょっと分かりづらいでしょうか?
画像が良い順番は、②地デジ→③ワンセグ→①P2Pという感じ
使い勝手も②地デジ→③ワンセグ→①P2P
必要な費用は①P2P→③ワンセグ→②地デジ
極めて当たり前な結果となってしまった事は突っ込まないで下さいね(汗


それぞれの長所と短所を検証してみました。

①KeyHoleTVなどのP2Pアプリケーションを使って視聴する
インターネットを利用して手軽にテレビ放送を視聴(必要費用0円)できるのが魅力。ただ、ネット放送が故、画像がフリーズしたり、つながりにくかったりとストレスを感じる事が多いのが欠点。画像の質は、ワンセグより少々劣るレベルで、パソコンで作業をしながらの「ながら見」利用向けだと思います。
当然、録画などの昨日は一切無しで、視聴専用です。


②地デジチューナーとTVキャプチャー(内蔵)を使って視聴する
一番費用がかかる(全部で2万円弱)だけあって、画像の質、使い勝手ともに十分応えてくれます。地デジを使って画像を出力しているので、ノイズなどは一切なし。録画などはTVキャプチャーのアプリケーションにより差がありますが、HDレコーダーとしての使い方も可能だと思います。
もちろん、私はWindows2000を使っているので、S端子・アナログ出力。従って普段の地デジ放送と比べると画像は少々劣ることは否めません…
ただ、アナログ出力なので「ダビング10」などの影響も無いのが魅力?
地デジの処理は外付けの地デジチューナーで行っているので、パソコンにほとんど不可がかからないのは良い事だと思います。


③ワンセグチューナーを使って視聴する
USB接続のワンセグチューナーは手軽に使えるので、ノートパソコンなど移動する時使うなら良いと思います。ただ映像はカクカク感が強く、サッカーや野球などの放送はストレス溜まりそうな感じがします。
メモリの使用量は20MB程度…①KeyHoleTVなどのP2P放送と違って、映像がフリーズする事はほとんど無い(コマ落ちすることはあります…)ので、割り切りであればオススメかも知れません。
もちろん、ワンセグ放送の受信状態が良い時の話です。私の家では、地デジの受信レベルが平均60以上です。受信レベルが下がると使い勝手は極端に悪くなると考えられます。
録画などは出来ますが、画像はワンセグレベルです。一応200%(画像サイズ2倍)でも視聴できます(下画像参照)が、画像の悪さはストレスに感じるかも知れません…

ワンセグ放送の画像サイズ2倍映像


<結論>

テレビ放送を本格的に(家庭にあるテレビと同じ感覚での使用する)なら、TVキャプチャーを使うのが一番だと思います。一応DY-UD200などのUSB地上デジタルチューナーもありますが、色々と不具合が発生している人が多いみたいです。(価格.comなどのクチコミ参照)

あれば便利程度であれば、P2Pやワンセグ放送でも十分だと思います。
ワンセグでの電波受信が良好であるならUSBワンセグチューナーを、地デジ電波の受信がよくなければP2Pを利用したインターネット放送が良いのでは?と思います。

結果、ありきたりな結論になりましたが、3つのTV画像を一緒にアップしているサイトってほとんどないので、それなりに参考になるのではないかと思います。

Windows2000をギリギリまで使う予定の方は、TVキャプチャーは買っておいた方が良いと思います。
今なら、バッファローのTVキャプチャーが唯一Wibdows2000プロフェッショナル(SP4~)で対応しています(詳細は下画像から確認できます)。
バッファロー PC-MV1TV/PCI

価格は送料込みで4,000円前後なので、セカンドマシーンに降格した後でも使い続ける人にはオススメです。

2009年02月11日

windows2000で地デジ放送を見る方法

年末に地デジが見れるパソコンを目指して見たものの、物理的論理的に無理な事を知らされた…

VGAボード(グラフィックボ-ド)を買った後に知ったおかげで、計画は完全に頓挫(汗
HIS社のHD4670搭載グラフィックスボード H467QT512P (PCIExp 512MB)の代金が完全に無駄になりKO負け…

でも、タダではコケマセン!

今こそ、Windows2000のユーザーの小意地を見せるときといき込んで見ました。

基本的には、Windows2000では地デジは見れません…
その理由は、COPP(Certified Output Protection Protocol)の存在
この仕組みがWindows2000には搭載されていないので、地デジの放送をモニタに出力されない…

しかし、パソコンを出力するだけの道具として利用すれば、地デジをWindows2000で見ることも可能になるのではないか?
そんな考えで、windows2000で地デジ放送を見る方法を実践してみました。

基本的な考え方は、いたって単純明快です
イメージとしては、アナログテレビに地デジを写すのと同じ
違うのは、キャプチャーボードを通すので、ウィンドウでの操作が可能です。

tidejigazousample.jpg
↑これは実際の画像です。
もちろん画面の大きさは自由に設定できます。

<用意する物(()内は私が用意した物)>

1.地デジチューナー(八木アンテナ:DTC10:価格→16,800円位)
2.地デジアンテナ(マスプロ:UDF2A:価格→3,480円位)
3.キャプチャーボード(エルザ:EX-VISION 400V:価格→780円(中古))
4.S端子ケーブル(オーム:VC-5009:価格→880円)
5.ステレオミニ-ピンプラグ変換ケーブル(持っていたのを利用:300円位~)

以上の5点とその付属品
私の場合は、YAGI(八木アンテナ)の地デジチューナー(DTC10)とマスプロの地デジアンテナ(UDF2A)を持っていたので、今日、3・4を購入しました。

方法はあえて説明する程の事ではないと思います。

PCのケースを開けて、マザーボードにキャプチャーボードを取り付けます。
(音声の出力を、CDINと接続しないと音が出ないので注意して下さいね!)
地デジアンテナと地デジチューナーを接続
地デジチューナーのS端子と音声をキャプチャーと接続
後は、キャプチャーのドライバを入れれば完了です。


↓以下は、私が購入したアイテムです。
(それぞれの詳細は画像から確認できます。)
地デジチューナー(八木アンテナ:DTC10)

地デジアンテナ(マスプロ:UDF2A)


これでとりあえず、2011年を超えてもWindows2000でテレビを見ることは可能になりました…
必要になる費用を考えれば、OS替えた方が安いって?
その通りかも知れません…
ただ、XPに対してはどうしてもアレルギーがある人多いと思います。
Vistaにすると、今使っているアプリケーションが使えなくなる…
Windows7の話もあるので、後2年はWindows2000使うつもりの人多いと思います。

とりあえず当分は地デジ放送を楽しみたいと思います!


COPPと、Windows2000で地デジを見る為のオススメアイテムは↓の続きから…

windows2000で地デジ放送を見る方法の続きを読む

2008年12月10日

お金を使わずテレビをパソコンで見てみる!

先日、年末年始にかけて、地デジをパソコンで視聴可能にする計画を書きました。
とりあえず、今月はVGA(グラフィックスボード)を購入する予定

ただ、著作権の問題の処理が良く分からないが、「KeyHoleTV」というアプリケーションをご存知だろうか?
これは、著作権の問題を先に書いてしまうと、なんだか怪しい感じがするのだが、「KeyHoleTV」は、総務省の「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」によって開発されたP2Pテレビを受信する為のアプリケーションなので、由緒正しいものではある。

簡単に説明すると、デジタル地上波放送に切り替わった後、地上デジタル放送が受信できない一部の地域の為に作られた物

実際にダウンロードしてアプリケーションをインストールすれば、小さい画面ながらも、通常のTV番組や地方のローカル番組などを視聴可能!
一応受信画面をサンプルとしてご紹介…

お金を使わずテレビをパソコンで見てみる!

確かに画面は小さい(サンプルが実物大)
それでも、無料で地上波が手軽に見れるのは良い事だと

ダウンロードは以下のサイトから
http://www.v2p.jp/video/

方法は、視聴者用ソフト(画面左)からダウンロード
後は、ダブルクリックでインストールしていけば終了!

アプリケーションを起動すれば、番組ラ一覧が見れるので、見たい番組(放送局)をクリックすれば視聴可能です。
ニュースなどをちょっと視聴したい時には良いと思う

2008年11月12日

PCで地デジを見よう!

今日は、忌まわしき「PRINCETON PTFBVE-17」を売ってきた
予想以上の高値で売れたので「PRINCETON」に対する怒りは数%収まった気がする

22インチのワイドモニターになったので、次は地デジを見るための準備

今日、ブラリぶらりと電機(PC)屋さんでウィンドウショッピング!
専門店の店員さんに色々と聞いてきて分からない事がだいぶ理解できた

まず最初に、

①ワンセグチューナー(USB)
②ビデオキャプチャー(地デジ対応)

どちらがいいのか?

ワンセグチューナー(USB)は携帯の画面サイズでしか再生できないみたい
なので、必然的に②ビデオキャプチャー(地デジ対応)が必要になるみたい

↓これが①ワンセグチューナー(USB)のイメージ
(詳細は画像から移動した場所で確認できます)

↓こちらが②ビデオキャプチャー(地デジ対応)のイメージ
(詳細は画像から移動した場所で確認できます)
 

左側が、外付け(USB)のビデオキャプチャー(地デジ対応)で
右側が、内蔵で取り付けるタイプのビデオキャプチャー(地デジ対応)

後は、アンテナを繋げば地デジが受信できるはず

液晶ディスプレイは「Acer X223Wbd」なので問題なし!
基本的に、「HDCP対応」のディスプレイなら地デジの受信は可能だと言う事らしい…

ただ、PCのスペックが少々必要になるらしい…
私は、Core 2 Duo T5500 の自作パソコン
とりあえず、問題ない様子…

問題はグラフィックボード(VGA)…
実は、買おうと思っていた「SAPPHIRE RADEON HD 4670 512MB GDDR3 PCIE (PCIExp 512MB)」
ショップ側から、入荷未定になったという事でキャンセル扱い
今日、PCショップで普通に売ってるんですけど…

円高傾向にあるので、急いで買う必要はないかな?と…
VGA買うなら、やっぱり「HD4670」がおすすめ!
ゲームをPCでバリバリやらなければ、コスト考えても十分安いと思う


↑これが「Sapphire SA-HD4670-512MB」
グッドウィル(楽天市場)で10,980円 (税・送料込)
パフォーマンスと電源(消費電力)考えても十分魅力的だと思う
当分スタンダード的なGVAになると予想されます

これだけ考えれば、地デジをPCで楽しむ事は可能!

パソコンのスペック自体は、数年前(pen4 2.0G位?)でも何とかなるみたいだけど
やっぱり「Core 2 Duo」が良いと思う
「Core 2 Duo」はCPUが2つ入っているので、処理能力が安定する
なので、作業をしながら空いたスペースでテレビを楽しむなら、やっぱりデュアルコアをおすすめかな?

ちょっと話がそれました…
後、必要なものは、

1.地デジ対応のキャプチャーボード(TVボード)
2.地デジの屋内アンテナ(PC作業場所にコンセントがない我が家…)
3.VGA 「Sapphire SA-HD4670-512MB」

予算は、

1.地デジ対応のキャプチャーボード(TVボード) 11,277円
2.地デジの屋内アンテナ 3,180円
3.VGA 「Sapphire SA-HD4670-512MB」 10,980円

↓これが、地デジ用の屋内アンテナ(ブースター付き)

合計 25,437円

結構かかる計算…
ゆっくり集めてくのも楽しみだけどね… 

現状ではテレビが作業場にあり、困っている訳ではないので、腰が重くなる自分
VGA自体は、今年中に買おうと(円高還元セール待ち)
地デジの屋内アンテナはある物を使えば、動作チェックはできる
ちなみに、電波障害でケーブルTV引いてるので、地デジは今も見てる自分
結構贅沢な環境かもしれない…

とりあえず、年末セールとお年玉セールで揃えるのが理想的だろうか?