リアル・ライフ・ダイアリー

2009年05月30日

FX規制の先にあるモノ

にわかに騒がしくなって来た「FXの証拠金倍率」規制
政府の方針が一通り出てきた


↓以下は記事抜粋

FX規制、2段階で 10年夏50倍、11年夏に25倍へ
 金融庁は29日、外国為替証拠金取引(FX)業者に対し、顧客が預けたお金の何倍の取引まで認めるかを示す「証拠金倍率」を規制すると発表した。まず来夏にも50倍に制限し、2011年夏をメドに25倍まで規制を強化する予定。急な規制導入で市場が冷え込むのを防ぐため、段階的に厳しくする。
 金融庁は同日、金融商品取引法に関係する内閣府令の改正案を発表した。6月29日まで意見を募り、今夏にも公布する。改正案では「公布からおおむね1年後」に50倍に制限、「その1年後」に25倍に強化するとしている。
 金融庁が規制に乗り出すのは、昨秋の米リーマン・ショックをきっかけに広がった過度に投機的な取引を抑えるため。金融危機の影響で為替相場が乱高下し、短期売買を繰り返す顧客が増加。顧客から預かったお金の何百倍もの取引を提供する業者が増え続けている。

↑記事ここまで


FXは相対取引
形的には、アメリカの金融崩壊と同じ仕組み
規制されるのは有る意味当然の流れだと思う

そこで気になるのはFX業界の未来図

個人的な考えでは
証拠金倍率での特徴が完全になくなる事により、手数料やスプレッドでの安値戦争

今年の業績がピークになるのはほぼ確定だと…

2009年02月11日

マネーパートナーズグループ(8732)の3Q

結局、決算期待の買いが入らずに取引終了
その後無事に3Q決算の発表がありました。
1月の月次速報も一緒に出た訳ですが…

まずは、決算発表の内容

         3Q     四季報通期予想 
営業収益 7,604(百万円) 8,200(百万円)
営業利益 3,132(百万円) 4,000(百万円)
経常利益 3,106(百万円) 4,000(百万円)
四半期純利益 1,975(百万円) 2,540(百万円)

四季報の通期予想は、単位の横の数字

営業収益は月次で開示(速報で1月=1,073(百万円))されています。

マネーパートナーズグループ(8732)は3月決算会社
この数字を考えて計算すれば、

         通期     四季報通期予想 
営業収益 10,600(百万円) 8,200(百万円)
営業利益 4,200(百万円) 4,000(百万円)
経常利益 4,200(百万円) 4,000(百万円)
四半期純利益 2,675(百万円) 2,540(百万円)

この位の数字が出てくるのではないでしょうか?

こういう安定感がない地合の時は、自ずと決算を持ち越しで迎えたくない気持ちが働くもの
木曜日決算期待の売り物(約700枚)程度の売りが終われば上昇に向かうかな?

今の地合で、買いで入れる銘柄ってかなり少ない…
資金の流入が来たいできそうです。

もちろん全株持ち越し(決算期待で今日の前場買ったのは一部利食い)
買値自体が65,000円前後なので、下げても特に問題ないかも?

とりあえず、決算待ちで仕掛けなかった存在がいるのは間違いないと思います
そこが売り抜けたいのは、85,000~95,000円付近だと予想しています。

さてさてどうなる事やら…

2009年02月09日

今日はまた売られすぎの銘柄多い感じ

アメリカの金融安定化策の延期を受けて、買い方が弱気になっている様子
週末は金融安定化策期待で為替が円安に動いているので、この様子だと1$90円割れ避けられないかも…
あんまり政策がゴタゴタしていると、大統領の支持率にも影響しかねませんから、オバマ大統領にとっては試練の時になりそう

今日は、久々にショートで内需小売銘柄を買ってみた。

ABCマート(2670) 2,445~2,460円 買い

ABCマート(2670)→拡大図はこちら!

この銘柄の特徴としてもっとも有名なのが「相場逆行」
全体相場が下がると、この銘柄は上がる
理由は割愛しますが、このような銘柄は他にもあったり…

業績としても、モートンブーツの販売が好調など悪い状態ではない
同じ経営業種のファーストリテイリング(9983)などもあわせてチェックすると、売買シナリオの参考になると思います。

その他、今保有している銘柄のマネパ(8732)は、もうすぐ1月の月次が発表されるのと、2月10日に第3四半期の決算発表があります。
間近の下値(62,800円)からは、11,200円(74,000円と仮定)の(約17.8%)上昇
決算次第では、90,000円超えも狙えそうなので、リスクを取れる方はチャンスでは?

為替が円高に振れると追い風になる業種
買いトレード中心の方にとっては、大切な業種になるのでは?


ABCマート(2670) 2,445~2,460円 買い

上値が重いので、2,505~2,500円で利食い
2,500円の売り板が突然膨らんで来たので手仕舞いに変更

今日のNY市場は荒れそうな雰囲気なので、出来る限り持ち株は減らしたい本音
マネパ(8732)はマイテンしてもアホールド
今日出るであろう、1月の月次からスタートしそうな気配
ある意味短期資金では、買い場かも?

2007年09月15日

麻生関連銘柄・福田関連銘柄

麻生氏といえば、自称漫画ヲタク
そんな訳で、麻生銘柄は萌え系やアキバ系の銘柄
財閥のエリートなのに、実際に財閥系の関連銘柄ってすくないのは以外

ブロッコリー(2706)
まんだらけ(2652)
ガンホー(3765)
麻生フォームクリート(1730)

そして、福田氏は出身(地元)を中心とした銘柄群

コスモ石油(5007)
イビデン(4062)
ヤマダ電機(9831)
三益半導体工業(8155)
セキチュー(9976)
群馬銀行(8334)
井上工業(1858)
佐田建設(1826)
サンデン(6444)
SANKYO(6417)
藤田エンジニアリング(1770)
小島鉄工所(6112)
小倉クラッチ(6408)
明星電気(6709)
ミツバ(7280)
上毛(3010)

どことなく仕手株が多い印象
もし攻めるなら、仕手株は注意
ただ、こういう時は仕手株の方が美味しい?

2007年09月04日

原発関連銘柄に最注目?

海運株が軒並みお祭り騒ぎになっている模様
7月辺りの相場をイメージしている人も多いはず

海運とくれば原発

そんな訳で、テーマを追うなら原発関連銘柄がいいのでは?

7月相場の主役であった、木村化工機(6378)を中心に、西華産業(8061)日本ギア工業(6356)東芝(6502)三菱重工業(7011)などをチェックするのはどうだろうか?

個人的に注目している銘柄は太字で紹介!
興味のある人は、続きをどうぞ!

原発関連銘柄に最注目?の続きを読む

2007年07月07日

原発関連銘柄レポート

最近相場を賑わせていた原発関連銘柄

事業の内容は、原子力発電に関わる銘柄


木村化工機(6378)
化学プラント主力。原子力関係機器で原子力3社と関係強い。タンク据え付け・配管工事を兼営

日本製鋼所(5631)
大型鋳鍛鋼で世界有数、電力・プラント向け多い。射出成形機で上位グループ、火砲も生産

三菱化工機(6331)
石油・化学装置メーカー。公害防止装置充実、バイオ・水素関連など新分野育成も。再建途上

日本ギア工業(6356)
歯車・減速機専業。製品点数10万超。システム販売に注力。米国フローサーブUS社と提携

東芝(6502)
総合電機大手。前身は明治8年創業。NANDフラッシュメモリと社会インフラが2大収益柱

東芝プラント(1983)
東芝直系のプラント据付工事会社。海外中心に中小型発電を開拓。ICカード情報系も展開

日本坩堝(5355)
黒鉛、アルミナ、炭化ケイ素の特殊用途向け耐火物を製造。特殊分野で技術力。炉工事も戦力

岡本バルブ(6492)
東電など電力向け大型高温高圧バルブ最大手。原子力・火力発電用バルブに強み。船舶向けも

トウアバルブ(6466)
バルブの製販・保守等の事業を傘下に持つ純粋持株会社。原発向け高温高圧バルブに強み

三菱重工(7011)
総合重機トップ。原動機・原子力・航空宇宙・防衛・産業機械で他を圧倒。ロケット開発の中核


TOPページへ戻る