リアル・ライフ・ダイアリー

2012年01月29日

三井造船(7003) 長期投資で注目している銘柄!

造船セクター???
そんな感じの感想を持たれる方多いのでしょうか?
ただ、他の造船銘柄ではなく三井造船(7003)を私は注目していいます。

三井造船(7003) 長期投資で注目している銘柄

実はこの三井造船(7003)、タイムリーな材料が豊富に内包されています。
もちろん、良い事ばかりではありませんけど…

三井造船(7003) 長期投資で注目している銘柄!の続きを読む

2012年01月25日

日本マクドナルドHD(2702)

ハンバーガーの代名詞?
ご存知マクドナルドの日本法人です。

日本マクドナルドHD(2702)

実は優待目当てで現物を買おうと密かに監視している銘柄だったりします…

今後も日本がさらに不景気になると考えると、低価格の外食業界はどうしても注目です。
その中でも、優待が良いのが日本マクドナルドHD(2702)
配当も年30円(株価2,080円で計算すると1.44%の配当利回り)
経費削減やデリバリー事業参入などを考慮すると、まだまだ成長は望めるのではないでしょうか?

日本マクドナルドHD(2702)の続きを読む

ラサ工業(4022) まだ騰がっていない復興銘柄

巷では、復興・復旧関連銘柄が花盛りです。
仕手性のある銘柄(日本橋梁(5912))などは、株価が何倍にも跳ね上がっているものもあります。
業績が芳しくない建設セクターなどがメインで、低位株で仕掛けやすいのも勢いを後押ししているようです。

ラサ工業(4022)

震災・人災による復旧作業では、色々なセクターが思い浮かびます。

復興の柱は、道路と橋などのインフラです。
原料となるコンクリートや、ガードレール・信号・横断歩道etcetc
しかし、その前に必要なのは無残に残された瓦礫を撤去です。
瓦礫を細かく粉砕し、トラックで何処かに運びます。
そうなると、粉砕機のレンタルや運搬用のトラックなども復興関連になるのではないでしょうか?

また、インフラ整備では、電線も必要になります。
その他、地質調査や今回は放射濃度の調査

農業・漁業方面へ行くと、造船に網・耕作機械
もちろん、人が住む家も新築になります。

しかし、放射濃度が濃い地域では、除染を行い復旧への道のりは遥か彼方…
目先は、放射能による汚染が少ない地域での相場になるのではないでしょうか?

簡単に書いただけでもこれだけの要素が含まれています。
それが、今年の投資テーマである復興関連と言う事です。

ラサ工業(4022) まだ騰がっていない復興銘柄の続きを読む

2011年09月28日

こんなご時世だからこそ、高配当銘柄?

日経平均は8,600~9,000円をウロウロうろうろ…
新政権が誕生しても、円高が止まる気配すら見えません

株式投資も一時期のような加熱ぶりは何処へやら…
東証1部の1日においての売買高も1兆円弱?


株式投資なんて過去の物?
将来への貯蓄は、「金利と呼べるのか?」な貯金で大丈夫?

株安になっているからこそ、配当狙いの長期投資が良いのではないでしょうか?
今の株価から計算すると、年配当利回りが5%を超える銘柄が多数あります。
しかも、結構な優良銘柄がズラリ…

本来の株式投資は長期投資による配当利益!
今こそ、本当の投資に目覚めてみてはいかがでしょうか?

ちょっと前置きが長くなりましたが、高配当セクターと言う物が存在します。
例えば日本の輸出企業の本命・自動車セクターの主要銘柄の配当はこんな感じ…

<2011.09.27付の株価と配当と利回り>
7203 トヨタ自動車 2660円 50円 1.87%
7267 ホンダ 2321円 60円 2.58%
7201 日産自動車 648円 20円 3.08%


確かにそれなりの配当が安定的に出ているようです。
しかし、想定為替レートは軒並み80円
現在の為替の移行を考えると業績の下押し要因は避けられないのではないでしょうか?
長期投資には少々時期が悪いように思います。

そこで、今回推奨するセクターの主要銘柄の配当は以下の通りです。

<2011.09.27付の株価と配当と利回り>
6417 SANKYO 4280円 150円 3.50%
6460 セガサミー 1735円 40円 2.30%
6412 平和 1363円 50円 3.66%
6257 藤商事 87100円 4500円 5.16%
2767 フィールズ 132000円 5000円 3.78%

2411 ゲンダイエー 64500円 2000円 3.10%
6419 マース 1299円 50円 3.85%
6730 アクセル 1730円 60円 3.47%

CRリング

推奨セクターとは、パチンコ関連セクターです。
パチンコ関連銘柄の良いところは、為替の影響を受けないのはもちろんの事
顧客がホールになるので、価格交渉が有利
さらにキャッシュリッチな会社が多く、無借金経営の会社も多いです。
さらに創業者一族の持ち株比率が多いので、無配転落の可能性も低くく、仮に赤字転落でもしっかりと配当は支払っている会社が多いです。

一番の推奨銘柄である藤商事(6257)は上方修正も発表しています。
中期で通期の予想を上まわっているので、通期の上方修正も確定!
パチンコ業界自体は衰退していますが、今後はカジノ法案による特需も予想されます。

長期投資なので現物資金でコツコツと買い増しするのが一番じゃないでしょうか?

しかし、パチンコ台製造メーカーの業績はその年の台のヒットと強い関連があります。
業績不振に簡単に陥りやすいので、注意も必要です。
しかし、配当は良いので十年単位で所有するのであれば十分醍醐味を味わえるのではないでしょうか?

今回の推奨銘柄藤商事(6257)については続きにて解説しています!

こんなご時世だからこそ、高配当銘柄?の続きを読む