リアル・ライフ・ダイアリー

2012年03月12日

見た目の決算強しでしょうか?

日東製網(3524)は、第3四半期決算の純利益中間からのマイナスとノンサプライズを材料に窓開けしての下落スタート!
もちろん下値限定だと思うので、決算前にリスク管理で手仕舞いした枚数+αを買い戻しです。

見た目の決算強しでしょうか?

>EU、債務削減同意83%でギリシャ2次支援へ
>米2月非農業部門雇用者数、前月比22.7万人増と市場予想を上回る
>欧州株式市場、米雇用統計を好感し底堅い動き
>国際スワップデリバティブ協会、ギリシャ集団行動条項発動で信用事由発生
>債務強制カット懸念、ポルトガルなど周辺国に広がる恐れ
>インドネシア、石炭や銅の外資規制を強化
>中堅海運の三光汽船、返済猶予を打診
>日銀、被災地向け金融支援を延長へ
>インド、預金準備率を0.75%引き下げで予想外の金融緩和
>復興相、被災宅地の買い上げ価格「震災前の7-8割で」
>中国、安全対策専念で高速鉄道の輸出凍結



持ち株は、決算を持ち越した日東製網(3524)のみです。
まぁ、予想していた通りと言うか何というか…

24年4月期第1四半期  4,593 169 122 37 1.44
24年4月期第2四半期  9,137 444 335 83 3.22
24年4月期第3四半期 12,606 512 345 55 2.13

純利益8300万円→5500万円で失望売りが多少なりともって感じでしょうか?
2007年度と同じような傾向なので、3~4月に売り上げが偏る日東製網(3524)としては、どこまで会社予想の1億5000万円を超える事ができるのかに尽きるのではないでしょうか?

週末に挙げた特損の2つ

①長引く円高の影響により、2期連続で為替差損の計上
②遊休資産の売却による固定資産売却益を計上しましたが、前連結会計年度末では判明しなかった災害による損失及び投資有価証券評価損が発生

については、①の為替差損は毎度の事ですし、②については計上したので、一時的なもの

そうなれば、とりあえず、今後の不安要素払拭で下値限定的と言えるのではないでしょうか?

一目均衡表では雲入りしていますし、SRV指標ではとりあえず短期的な調整局面示唆
RSI指標は、まずまずの状況
ボリジャーバンド指標は、下値(-2σ)にタッチ後反発

テクニカル指標的にも、下値限定は濃厚ではないでしょうかね?

日東製網(3524)の日足チャート

今日は窓を開けての下落になっているので、次の25日線ゴールデンクロスがどのような形になるのかに注目したいと思います。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form