リアル・ライフ・ダイアリー

2012年03月27日

架空請求詐欺?NPO法人女性の権利を守る会

なんだか、ツッコミどころ満載の架空請求が届きました。
その名も、NPO法人 女性の権利を守る会
普段この手の書類は私の元へ届かないんですけどね(笑
せっかく届けてくれたので、色々とツッコンでみたいと思いました。

それにしても、私に架空請求してくるのって(笑
せめて、請求相手の職業くらい調べて欲しい気分かもしれません…



とりあえず、身に覚えがない便りで心苦しい思いをされている方の為に文章を要約しときましょうか?

とりあえず、最初に私の名前…
っうか、様(殿)位付けろよっ!

違法わいせつ物を購入した事への告発らしい…

でもあれですね(笑
普通であれば、何をいつ、何処で購入したのかを明記するもんですけどね!
それ書いちゃうと嘘がばれるので書けないでしょうけど(笑

実際の告発文章には必須項目です。
時間まで特定しないといけない場合もありますから(笑

そして、この場合は刑法に触れる内容なので、示談はできません

示談は民事紛争での話です。
民事紛争で示談が成立したからといって、刑事罰が免除になることはありませんよね?

要するに、わいせつ物うんちゃらで刑事告発するよぉ!
って内容な時点で、示談とか告発取りやめとかありえない訳です。

これ書いている人って、まともな教育受けてないのかな?
ちょっと心配になってきた…

まぁ、普通告発通知は当局へ出すものですから、普通告発相手には出しませんよね?
だって、告発すると文章で通知したら、脅迫だと勘違いされて、逆に訴えられます(笑
後、出した証拠を残さないといけないので、普通は内容証明郵便で送るのが常識です。

民法の話になりますが、請求権を行使したとみなされるのは、その請求書が相手のテリトリーに届いた時点です。
いうなれば、書留などの郵送方法によって、第三者が相手に配送した証拠が必要になります。

なので、請求書は基本的に、内容証明郵便か書留で送付するのが一般的です。
間違って、一般郵便で郵送する事はありません(笑
電話代などの請求書は、コンビになどで支払う用紙を送付していますよね?
引き落としをしている人は、その証明書を送付してくるはずです。

間違っても、銀行振り込みを願い出る用紙での請求書は送られてきませんよね?

それに、消印が杉並南で、NPO所在地が千代田区ってのもウケマス!

まだまだツッコミ足りませんが、時間が勿体ないのでこれくらいにしておこうと思います。


<今回送られてきた架空請求詐欺の情報>

NPO法人 女性の権利を守る会
東京都千代田区一番町30千代田ビル11F

TEL 03-6386-8362

くれぐれも、こんな幼稚な詐欺に引っかかる事のないように…

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form