リアル・ライフ・ダイアリー

2012年01月27日

週末要因?仕方なし

NY市場は調整色で小幅下げ
日経は、任天堂(7974)が赤字幅拡大とか…
週末要因も重なって、仕掛けるにも買うにも躊躇する相場でしょうね

週末要因?仕方なし

>米キャタピラー、強気の業績見通しが好感され大幅高
>外国人の日本株買越額、1月3週は6ヵ月半ぶり高水準
>政府、地熱発電の普及に補助制度
>欧州株式市場は鉱山や銀行など景気敏感株中心に買い優勢
>ポルトガル国債利回り、債務懸念が燻り一時最高に上昇
>NYダウ反落、市場予想を下回る住宅指標を嫌気
>米12月新築住宅販売件数、年換算で30.7万戸と市場予想を下回る
>金融庁、毎月分配型投信の配当しすぎ歯止め
>NEC(6701)5000人削減で構造改革
>総務省、通信障害でNTTドコモ(9437)を行政指導



持ち株銘柄の日東製鋼(3524)ラサ工業(4022)はともに小動き
まぁ、買う要因があんまりないので、どちらかと言うと買い集め日でしょうか?
日東製鋼(3524)ラサ工業(4022)も呉越同舟な感がありますから…
正直、回転できるチャンスを潰した自分がいる訳ですが、まぁ実力の無さって処でしょうか?

日東製鋼(3524)は、ターゲットポイントを177円から197円に引き上げです。
理由は日足チャート(画像を拡大表示する事も可能です。)

日東製鋼(3524)の日足チャート

間近の高値は、177円と197円です。
その高値を結ぶと、今日であれば169円付近になります。
昨日はこの線に頭を押さえつけられたと考える方もいるのではないでしょうか?

この抵抗線を抜けると、新しいトレンドが始まると私は思っています。
そうなると、177円よりも197円の方がステージ的にはしっくりとくるのでは?

それなりに価格帯出来高もこなしているので、そこまで加熱感もありません。
信用買い残を見ても、手仕舞いが進んでいる事がわかります。

まぁ、テクニカルの見方なんて人それぞれですが…
とりあえず、他にめぼしい銘柄もないので、しっかりと利を伸ばそうと言う魂胆ですけど(笑


ラサ工業(4022)は弱含み…
今日は、辛抱できない方の処分が出ています。

テーマとしては郊外です。
最後の最後に出番が来ることへの投資なので、今はこれで十分だと思います。

この価格帯での出来高が少なくなっているのも重要な痕跡かもしれませんね(笑

とりあえず、今日も静観予定です。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form