リアル・ライフ・ダイアリー

2012年01月29日

三井造船(7003) 長期投資で注目している銘柄!

造船セクター???
そんな感じの感想を持たれる方多いのでしょうか?
ただ、他の造船銘柄ではなく三井造船(7003)を私は注目していいます。

三井造船(7003) 長期投資で注目している銘柄

実はこの三井造船(7003)、タイムリーな材料が豊富に内包されています。
もちろん、良い事ばかりではありませんけど…



とりあえず、三井造船(7003)はただの造船企業ではないと思います。
懸念材料でもありますが、はっきり言って本業である造船は厳しい業界です。

海関連と言えば、先日、愛知県沖でのメタンハイドレートの材料で賑わいました。
このブログでも記事にした時に、三井造船(7003)の名前は挙がっていると思います。
日本のエネルギー関連は、電力会社の利権絡みで色々とありますが、メタンハイドレートはある意味今後を占う資源になると思います。

しかし、間近なネタではありますが、業績寄与的には先の話。
私が注目しているのは、リチウムイオン電池関連などです。
ただ、こちらも商業生産は2012年度から…
目先の業績にはインパクトありません…

では、何故?
そこでタイトルにある長期投資で注目している銘柄!と言う言葉です。

四季報情報になりますが、

利益剰余金  899億4500万円
有利子負債 1519億4500万円

と財務状態が良いとは言えません…
しかし、これは業種的な問題であって、経営を圧迫しているレベルではないので問題はないと思います。

低位株ではありますが、黒字企業で配当もしっかりと出ています。

株価120円とすると、配当が4円なので配当利回りは3.33%
業績によって配当が変動する傾向にあるので、安定配当銘柄ではありませんが、数年後に本格化する新規事業を考えると魅力は十分にあると思います。
もちろん、本業は造船なので、営業に与える貢献度は思慮する必要がありますが…

日経平均18,000円前の水準と比較しても株価は安くなっているので、長期(10年単位)投資としては十分魅力的だと思います。

2012.01.29現在は、材料によって株価は高く推移していますが、循環物色の資金の色合いが濃いので、仕込み時が訪れると私は睨んでいます。

参考に、現在の株価(139円)での指標は、

PER 7.2倍
PBR 0.69倍

です。
欲を出すなら100円付近で欲しい所でしょうかね(笑



最後に、気になる情報を箇条書きにしておきましょうか?

>日中の東シナ海資源開発
>メタンハイドレート開発
>深海船、調査船、水中ロボットなどの展開
>子会社に浮体式の海洋石油・ガス生産設備で世界2位の三井海洋開発(6269)
>津波対応のコンクリート構造物の開発
>量産型の非常用発電装置
>バイオマス発電(現生生物体構成物質起源の産業資源)設備
>次世代リチウムイオン二次電池用正極材料を開発
>年間2100トンの中大型リチウムイオン電池正極材用リン酸鉄リチウム(LFP)製造の生産設備

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form