リアル・ライフ・ダイアリー

2011年06月10日

著作権?肖像権?エンドユーザー?

某サイトでこんな記事を発見!

「ニコニコ動画に無断で自社ゲーム動画をアップしたユーザーに対し、著作権侵害の訴え」

Aileって、エロゲー会社なのかな?
HP見た限り、PC8000時代の紙芝居ゲームのようだけど…

まぁ、クソげー会社かどうかは別として
sonyの件でもそうですが、最近、著作権やら肖像権やらで消費者の権利軽視が目に付きます。

Aileって会社の主張を見る限り、対価を支払って購入した消費者の権利が完全に無視されている感じがしますね。

商品として販売している以上、その購入された商品において、所有権が消費者(購入者)に移動する事になります。
言い換えれば、その商品の内容(画像や音楽など)の著作権や肖像権の所有権も移動する事になると言う理論です。

法律は解釈によって180°変わる(白が黒になる)ので何とも言えませんが、Aileの主張が通るのであれば、購入したDVDの内容(あらすじ)などをブログで紹介する事も著作権侵害になってしまいます。

今回のニコニコ動画の件についても、動画をアップしたユーザーが商品を正規に購入したユーザーであるのであれば、そのアップした動画自体の所有権は移動している事になると思います。

正直、この案件で警察が被害届を受理した事自体に驚いた記憶があります。

民事裁判では資金力の差がでますが、今回は刑事裁判なのでAileにとっては望まない判決がでると思います。

売る力がないダメダメな会社は、何かと消費者のせいにしたがりますが、売れる商品は売れているのもまた事実です。
その労働力をもっと商品開発に使って欲しいと思うのは私だけではないと思います。
まぁ、Aileって会社のような18禁紙芝居が大衆受けするとは思えないけどね(笑

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form