リアル・ライフ・ダイアリー

2011年03月05日

BSデジタルをやっぱり分配

先日購入した、東芝「レグザチューナー D-TR1」
地デジだけ分配してそれぞれのチューナー(東芝と液晶テレビ)に付けていたのですが、先日ACLを見たときにBSと地デジも一緒に見れない事が発覚
結局、BSデジタルも分配する事にしました。

BSデジタルをやっぱり分配

東芝「レグザチューナー D-TR1」はシングルチューナーと知っていたのですが、BSと地デジで1つづのシングルチューナーではなく、両方で1つのチューナーと再認識だったり…

出来るだけ安く済ませるために、必要なものはネット通販を中心に集めました。
安く仕上げるには、ケーブルのカテゴリーを下げるのが一番!
そんな訳で、同軸ケーブルは4Cをチョイス

同軸ケーブルはネットよりもホームセンターの方がお買い得?
ネットだと送料だけで500円以上かかってしまいます。
私は近所のコーナンで7mを980円で購入
実際には1m×2本なので、まだ5m残っていたり…

DXアンテナ 4C同軸ケーブル 3m S4C-FV-3B

DXアンテナ 4C同軸ケーブル 3m S4C-FV-3B
価格:240円(税込、送料別)

購入したコーナンの7mの同軸ケーブルは両端にプラグが付いているので、両端ちょん切って4C用F型接栓は2個使用

実際には2,000円程度かかりましたが、あまった備品を考えると1,000円以下?
4C用F型接栓自体は10個まとめて購入。
知り合いの需要にも対応できるので持っていて損はないかと…
同じく同軸ケーブルも5m程余り
今後の需要用に対応って事でしょうか?

デジタル放送においては、同軸ケーブルにおいて色々と意見があるようですがとりあえず一方的な私的感想

まず同軸ケーブルのカテゴリーチョイスについて…

ご存知の方も多いと思いますが、ケーブルは距離が長ければ長いほど損失によってデータが壊れて行きます。
今はデジタル放送の話なので、損失によって減少するのではなくて壊れるという表現です。

我が家では、地上デジタルは5Cの同軸ケーブルを利用
BSデジタルでは4Cの同軸ケーブルを利用しています。

地上デジタルで5Cを使用している理由は、受信感度が良過ぎて残像が出る可能性があったからです。
屋内卓上地デジアンテナ(PCで使用しているアンテナ)では3Cの同軸ケーブルです。
こちらは、地デジの感度があまり強くないのでこのケーブルでも残像が出ることはありません。
5Cの地デジ感度は80以上
3Cの屋内卓上地デジアンテナでは感度が30~50
要するに、同軸ケーブルの選択は受信と距離によって変わって来ると思います。

心配なら5Cが絶対にオススメです。
これは長いものには巻かれろ的な発想でもあります。

次にBS受信…

こちらは4Cで十分だと思います。
我が家では、約30m程度ケーブルを引っ張っていますが、4Cで十分です。
こちらも長いものには巻かれろ的な発想で5Cがベストなのですが、元々衛星放送は電波が弱いです。
なので、4Cでも十分対応できる訳です。

BSアンテナから3m以下なら3Cでも十分だと思います。
ケーブルの価格を考えると、コストパフォーマンス的に4Cがオススメだと思います。
自分で配線するのに5Cだと太くて重くて結構大変
4Cならそれなりに自分で出来ると思います。

これはあくまで一方的な私的意見です。
それでも参考になったら嬉しいかな?

長い文章お疲れ様でした…

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form