リアル・ライフ・ダイアリー

2011年01月28日

PS3を弄ってみた

先日購入した、白いPS3
結構古いモノだったらしく、ハードディスク交換後のFW要求は3.40以上
3.41でも良かったけど、FW3.55で弄ってみたかったのでFW3.55を導入。

現在発表されているCFW(カスタムファームウェア)は3種類+α?

①Waninkoko
②Jailbreak
③kmeaw

最初に入れるのは、②のJailbreak
これじゃないと、FTPアプリケーションが上手に入らないようです。

さらに、愛用しているps3FTPserverはダメな様子
結局、PS3 FTP Server 1.2 for CFWを導入する事に…

もうちょっと詳しく書くと

①FW3.55をUSBメモリスティック(PS3/UPDATE/PS3UPDAT.PUP)に用意してPS3でアップデート

②CFW3.55 PS3 Jailbreak を導入
③PS3 FTP Server 1.2 for CFW を導入

④バックアップマネージャーを導入

バックアップマネージャーは多々ありますが、有名なのは4つでしょうか?

1.Multi Manager
2.Rogero Manager
3.Gaia Manager
4.Open Manager

それぞれ、導入したCFWに応じたものがあるので、環境に合わせて用意する必要があります。

最後に、一番優秀(?)だと思われる③のkmeawを導入。

そして最後に、PC側にFTPソフト(FFFPTかWinSCP)を導入して終わり。

LANケーブルでPS3をネットに繋ぐと、LOG送信うんぬんが気になる人は、WAN側を切断してからLANオンリーで作業する(簡単なのはルーターのWAN側のケーブルを外す)必要がります。

USBメモリースティックの大容量(32GB推奨)を利用して、Comgenie’s Awesome Filemanager V0.06 for CFW経由で、PS3のUSBコネクトからデータ送信も可能です。

環境的にはFW3.41と同じですが、FTPのPS3 FTP Server 1.2 for CFWとFFFTPの相性があまり良くない感じがするのは私だけでしょうか?

とりあえず、一応弄りは終了

大変そうに見えますが、実際にはそんなに大変ではありませんでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form