リアル・ライフ・ダイアリー

2011年01月03日

正月からおせちでねぇ…

グルーポン(共同購入による割引サイト)での悪質な事件
案の定と言うか、なるべくしてなったと言うか…

ポンパレ(リクルート)では、購入枚数の上限があるので大丈夫?
でも、その代償として購入できない事がしばしば…

それに比べグルーポンでは、時間で制限を区切っていたり…
結局、これが事件の発端になった事はほぼ間違いない様子

さらに、空気読めない無能社長(水なんちゃらとか言う人)が火に油を注ぐ注ぐ
出資しているから擁護するテイタラクさはなんとも…

グルーポンは米国でも同じような問題をしているけど改善はしていません
販売店側から見れば、グルーポンを利用しての実質利益は皆無
宣伝費として処理しているに過ぎません
更に、グルーポン側は売り上げの50%近くをピンハネしています。

ビジネスモデルを考えれば、商品にかける店側の思いは想像できるはず
それが、おせち料理なのど発注が難しければ尚更…
零細企業ではおせち料理の発注・工程ミスで赤字を持つところも少なくありません
しかし、来年もあるので甘んじて赤字を受け入れる訳です。

このビジネスモデルでは、こういったことは受け入れがたい
結果、こういう内容になってしまった感は否めません

同じような事は、毎年楽天市場でも起きています
もちろん今年も起きています。

Visyak Tokyoと言うショップでは、お正月が過ぎてもおせち料理が届かないようです。
大雪の影響だとか嘘メールで客を騙している悪質さ
これは悪質極まりない…

これに対して2chでは、おせちをネットで購入する事に批判がでているようですが、99.9%のお店は一生懸命に美味しいおせち料理を提供しています。

仮にデパートでおせち料理を注文しても、デパートで作っている訳ではありません
結局は、手続き相手がネットか人かの違いです。

大切なのはその責任の取りかた

今日現在、Visyak Tokyoでは返金には応じていないようです。
更に驚く事に、1月8日以降におせちを販売している現状
これは、被害にあわれた方の感情に配慮が欠けているといわざるおえません。

実際に、楽天はこの売り上げに対しても利益をあげています。
それでも、知らぬ存ぜぬの態度はどうかとも思います。

個人的にはおせち料理はネット購入派の私ではあります。
しかし、このような悪質なシップがある事は重々承知しないといけない事も事実だと思います。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form