リアル・ライフ・ダイアリー

2010年08月16日

Windows7に乗り換え

ぎりぎりまでインテルの低電圧CPU(自作PCで作れる物)を待っていましたが、とうとうWindopws2000のサポートも終了したので、希望のCPUが発売される(正直に言うと対応マザーボードかも知れない…)までのつなぎのPCを自作しました。

購入したWindows7がアップグレードなので、これまたインストールする前に使っていないWindowsXPを入れないといけない煩わしさ

一応裏技もあるにはあるようだけど、時間的なコストは変わらないレベル
(クリーンHDDにWindows7をキー入れずにインストールし、再度Windows7をインストールする方法)

まぁ、1時間位のものだし、1回だけの問題なのでよしとしようかな?


ちなみに、今回作った自作PCのスペック


CPU AMD Athlon II X2 240e(2.80GHz) BOX  6,370円
マザーボード GIGABYTE GA-770T-USB3 6,980円
メモリ PQI DD31333-2G2D (DDR3 PC3-10600 2GB ×2) 7,470円
VGA HIS H467QT512P(512M)使いまわし

HDD サムスン HD154UI (1.5TB SATA300 5400) 6,180円

基本予算は3万円予定だったので、それなりに収まった内容

Windows7は、64bit版を使用する予定
結果、地デジチューナーなども買い換える必要が…
どれも安くなかったので一番安かったバッファローの物を買いました。
基本Windows764bit対応のチューナーは10,000円程度
値段を絞るとこんな物でしょうかね?

地デジチューナ USB2.0 DT-H10/U2 6,280円

使用(機能)については色々と評価があるようですが、とりあえず地デジ(笑
今までのアナログ強引地デジとは違い、結構綺麗なな画像です。
しかし、それだけ容量も食うので、ほかのアプリを立ち上げると一時停止することは愛嬌?
聞き流し専用の私にとってはどうでも良い事ですけど…

まだ消費電力などは計測していませんが、それなりのパフォーマンスが期待できそう
処理速度についてはOSが違うのでなんとも言えませんが、今までが1.6GHzで今が2.8GHz
メモリは2Gから4Gへ倍増
コアの数も2個で一緒

単純計算2倍弱と言ったところでしょうか?

ケースや電源などを買わないのであれば、3万円でWindows7が快適動作
価値としては十分

今日、記録用のHDDとDVDRWを買いに行く予定
ブルーレイは要らない…

これで2・3年は使う予定です。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form