リアル・ライフ・ダイアリー

2010年06月02日

楽々デイトレ隠居生活の仕方(笑)

最近よくある質問

「ブログを読む限り、中期売買しかしていないんですか?」

よく考えてみれば、おまけ程度での書き込みしかしていないので、その中心は中期売買の予想
デイトレードの情報を書いても結果報告にしかならないので、せっかく見に来ている方にとっては、あんまり面白くないのでは?
こんな考えで、デイトレ方法はほとんど記事にになりません!

せっかく話に出てきたので、普段私が行っている楽々デイトレ隠居生活について記事にしてみようかなと思います(笑

デイトレードとは、そのままの意味で1日で買い売り(売り買い)を行い終結する売買方法です。
完全に今更…の説明ですが、一応…

とりあえず、私の今日のデイトレードの情報をUP
楽天(4755)のデイトレ

デイトレードに適した銘柄は、個人に人気があり、大きすぎない時価総額と根動きの良い銘柄
私は楽天(4755)辺りが大好きです(笑

私の方法では、1回の売買枚数は楽天(4755)なら、50~100枚
数万~十数万円の利益を1日4~5回程度繰り返します
私が普段弄んでいる楽天(4755)は動きが読みやすいので、回数をこなす場合には簡単に利益を上げられる銘柄だと思います。

デイトレードのコツは、下げ止まったと考えられる後に買って、上げている最中に欲を出さずに売る
一番大切なのは割り切る事
欲をだすと何時まで経っても売れないので、次の取引があるさっ!位の勢いが大切だと…

一般的に1日の取引で、上下片道なら3回の売買チャンス
ドデン売りでの売買なら6回程度の売買チャンスがあると思います

長くても1時間、短いと数分の売買なので、そこで大きく稼ごうとか思う事自体異常だと思います。
デイトレードで成功する秘訣は、損失(損切り)を最小限にして、細かい利益で勝率100%を目指す事
投資効率自体は悪いのですが、年間での利益を計算するとデイトレが一番儲かることは過去の私の取引履歴が証明しています。

中・長期トレードでは利益も大きいのですが、損切りの水準(10~25%)も大きくなります。
日当に換算すると、回転をきかせなければデイトレよりもマイナス
売買手数料自体は低く押さえられますが、売買利益(キャピタルゲイン)の方が遥かに良いので、楽々隠居生活を手に入れるには、デイトレが一番だと言う事です。

今のように、相場の方向性が定まらない時はデイトレが一番♪

現在私は、楽天で2回転目に突入しています。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form