リアル・ライフ・ダイアリー

2010年05月01日

派遣切りのホームレス?

この話は昨日あった本当の話!

多分、夜の8時をちょっと回った時刻だったと思う
散歩がてらスーパーに買い物に行った帰り、ちょっと遠回りしてコンビニに寄り
連れと二人で両手いっぱいに買い物袋を持って帰宅への帰り道

片道3車線の県道、手押し信号の所で声をかけられました
ちょうど駅と駅との間で、よく道を尋ねられる場所でもあったので、立ち止まると意外な言葉に瞬時に全てを悟った私

その様子は人を騙そうとする行為に後ろめたさを感じているような雰囲気で
「あの…すみません、財布を落としてしまって…」
「そう言う話は無しでっ!」

私は、ついつい荒い口調で話を切りました。
その男は、予想外の展開に呆然
私は何事もなかったように歩き始めたのです。


彼が自分から派遣切りとか、ホームレスとか言った訳ではありませんが、綺麗とは言いがたいみなりと、独特の雰囲気を考えれば、私の予想はほぼ間違いないと思います。

おおよそ、お金が底をつき場所を失ったのだと思います
ただ、そこで上手く人を騙せたとしても何の解決にもならない事には気付かないでしょうか?
その日、そのお金を使ってしまったら、次の日も同じ事を繰り返さなければいけない…
うまくいかなくなるその日まで、同じ事を繰り返すだけ
解決しなければいけない問題に背を向ける事は、生きているということを放棄する事と同じ

私を含め、私の知る限り、何かを守る為に必死に生きていない人なんていません
今の生活を守る為、我慢と努力を以って頑張って生きているのではないでしょうか?

当たり前のことですが、彼がこの事に気付いて、人間として生きていく事を願っています。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form