リアル・ライフ・ダイアリー

2010年05月11日

ちょっと遅めの大連休(GW)取って朱蒙見てみた

久々に映像10時間以上の毎日…
ある意味廃人になった気分(笑

韓国の歴史ドラマの基礎を築いたと言われる「朱蒙」ノーカットで見ると、1話が約1時間強
それが81話もあったりして、軽く始めた私にとってはかなりの試練

約1週間かけて、ようやく観破しましたとさ…

個人としては特に韓国ドラマにハマっている訳ではありません
どちらかというと苦手な分野かも知れません

韓国の歴史ドラマって、間が長い?
台詞が少ない?

とにかく、遅いというが鈍行
それが魅力だと言われればそうなのでしょうが、歴史物だけあって、時間の経過がわかりづらく、混乱

最近日本で放送されているIRIS
こちらは日本枠に編集されているので、テンポが良い?
韓国ノーカットで見るとどうなんだろう…

内容は文句無しだったので、結局私のわがままなんでしょうけど…

正直、あんまり歴史の授業で韓国って出てこない
なので、ピンとこないのが原因かも知れません。

朱蒙自体は、実在の人物(高句麗の創設者)だったと記憶しています
召西奴(ソソノ)も温祚王の母として実在の人物だったと記憶しています

日本では三国志と言えば中国の魏・呉・蜀
韓国では、高句麗・百済・新羅
日本では、織田・豊臣・徳川?

ちょっと無理があるかな?

レンタルビデオ屋さんに行くと、ズラ~ッと韓国ドラマが並んでたりします
どれも長い長い

朱蒙は実際には61話完結が、人気で20話足して81話
日本のドラマは10話前後

どっちがどうなんでしょうかね?

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form