リアル・ライフ・ダイアリー

2010年02月15日

岡田と犬飼、諸悪の根源はどっち?

結局誰もが予想した通り、東アジア選手権は惨敗
自国開催での惨めな結果以上に、つまらないサッカーがサポーター離れを加速

東アジア選手権開催前に大口たたいた岡田監督の言葉
「結果に対して責任を取る」

でも昨日の記者会見では岡田監督はこんな見苦しい言い訳
「勝とうが負けようが協会が権利を持つ。そのために会長や技術委員がいる」

さらに、爆笑のギャグ炸裂!
「選手がついてくる限り、選手だけを投げ出すことはできない」

選手は誰もついてきてないと思うけど?
意見した選手には、
「俺が責任をとるんだから、俺の好きなようにやる!」
と言って、その後の代表への召集は一切なし

この被害者には前田(磐田)、加地(ガンバ)、坪井(浦和)などの優秀なメンバーが…
日本サッカーの利益になる選手をことごとく潰しておいて、更に結果も残せない岡田監督を続投させるなんて犬飼も大罪間違いなし!

現状日本サッカーA代表では、恐怖政治状態
今の民主党が小沢ヒトラーの恐怖政治
まるで同じ状態
こんなんで、良くなる訳ないのは誰が見ても明らか

一応今日形だけだとは思うけど緊急会談らしきものをするらしい…
ただ、一部ではコーチ解任とかトカゲの尻尾切りが報道
自分の起訴をさせない為に、自分の元秘書を生贄にした誰かさんとこれまた同じ構図
どこまで腐ってるんだと普通に感じるのは私だけではないと思う

ジーコも言ってたけど、日本のサッカー界には世界に通用するサイドバックは居ないと思う
しかし、日本のサッカー界には世界に通用する2人のアタッカー(サイドミッドフィルダー)がいます

その名はご存知、松井(グルノーブル)と本田(CSKAモスクワ)
中村俊輔ももちろん世界レベルなのは誰もが知る所

システムを3-5-2にして、サイドミッドフィルダーを使えばかなり機能すると…
3-4-3で平山ポストプレーでセカンドボール狙いでも通用すると思います

素人な考えた布陣

とにかく岡田には責任をとってサクット切腹して欲しいと思います

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form