リアル・ライフ・ダイアリー

2010年01月26日

四六時中という飲食店がとても残念な件について

今日は所用で昼食は外食
特に希望する飲食店が無かったので、四六時中と言うお店に入る事に

今思えば悪夢はここから始まった訳で…
夕方になって帰宅した頃にはなぜが風邪気味な私
多分昼食の特にうつされたのは間違いないと思います。

この四六時中と言うお店の売りは御飯
確かに御飯自体はとても美味しい
ただ、モラルと品が欠けているのが会社の方針
多分二度とこの四六時中には行かないと思う

四六時中という飲食店がとても残念な件について

まず最初に、席に通されて激しく咳き込む音で振り返る事になりました。
私の目が節穴でなければ、接客係りのアルバイトの女の子
マスクを着用する事もなく、豪快に咳き込んでいます。

注文を聞く時にもゴホゴホゴホゴホ
更に料理を持ってくる時もゴホゴホゴホゴホ
100%料理に咳が降りかかっている悪寒

留めは隣の席に座ったオバハン…
わざわざこっち向いて咳すんなって…

仕事相手のお客さんと一緒だったので文句も言えず…
私にできる事は、汚染されていない場所を向いて息を吸うくらい…

そして更なる悪夢が…
四六時中のウリである白米に髪の毛が…

正直、生まれてこのかたもっとも気分の悪い昼食となりました


お金を払って風邪をもらい、更に髪の毛入りの御飯を食べさせられるとは…
仕事相手のお客さんと一緒じゃなかったら完全にキレてたと思います。

そこで帰宅してからこの四六時中を調べてみて納得
なんとこの四六時中という店、イオンハート(イオンの子会社)の経営するお店でした。

イオンと言えば、社員教育が最低レベルの教養のない店上位常連のお店

帰りに立ち寄った食品売り場では、苺売り場で大声で意見を言いあう店員2人
そんなの店の裏でやれって…
わざわざ苺売り場で客の邪魔してする事じゃないだろう?…と

基本イオンという会社は、社員とアルバイトとパートは使い捨て
あれだけ消費期限改ざん問題があった後も平気で消費期限改ざんを行う会社

イオンの子会社なら、風邪を客にうつす位は当たり前?
マスクを与える経費なんて認められるわけないでしょう

私の予想ではほぼ100%、ダイエーを追う会社
時代が悪ければヤオハンの後を追っても不思議ではない会社

モラルのない会社は、やっぱりモラルの無いビジネスモデルしか出来ないんでしょうかね?
妙に納得してしまいました。

四六時中という飲食店がとても残念な件について

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form