リアル・ライフ・ダイアリー

2009年12月03日

今更だけどWiiを改造しようと思ったり… 其の1 準備編

普段あんまり家庭用ゲーム機でゲームしない私…
ちなみに今やっているのは、ドラゴンクエストIX 星空の守り人
でも監獄をクリアーしてから2週間ほど触ってなかったり…

Wiiは数年前に買ったものの、ファイアーエムブレム 暁の女神をやりかけで放置…
このまま放置しておくのも勿体ないので、改造でもしようと思います。

基本的にWiiの改造で必須なのが、the homebrew channel
このthe homebrew channelは、SDカードとリンクし、Wii上で自作アプリなどを起動させる事ができるアプリケーション
ようするに、USB接続のHDDからアプリケーションを起動したい場合などの元になるものです。

昔は、ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスのバグを使ってハックをしていたのですが、最近はSDカード1枚あれば簡単にハックできるようになりました。

ちょうど良い頃合になったので、今更ですがWiiの改造に着手
今回の改造では、the homebrew channelの導入と、USB接続の外付けハードディスクドライブ(HDD)からの起動ができるようにしたいと思います。

とりあえず、今回は準備編です!

まず最初にWiiのファームウェアの確認!

Wiiのファームウェアの確認

バージョン2.0J…
最新のバージョンが4.2Jなのでかなり古い様子

ただ、最新ファームウェアだと色々と不具合があるようなので、今回は4.1Jを導入したいと思います。
インターネット経由でファームウェアの更新をするとバージョンは強制的に4.2J
4.1Jを導入する方法はただ一つ!

Wiiのソフトを購入してバージョンアップ

一番安く済むのは、Wiiフィット プラス(ソフト単品)

アマゾンで買うと送料無料で1,799円
ちょっと勿体無いですが、今回はこれで対応したいと思います。

ちょっと順番がおかしいですが、今回必要な物を書き出して見ます。

物理的に必要な物
①Wii本体(ファームウェアは4.1J)
②外付けハードディスク(IOデータ:HDCS-U500R)
③SDカード(1G)

有線接続の場合
①USBのLANアダプター(UE-200TX-G)

the homebrew channel導入用アプリ
①bannerbomb (aad1f_v108.zip)
②HackMii Installer v0.2

その他のアプリは作業が終了確認後に集めたいと思います。
次回は、the homebrew channelを実際に導入したいと思います。

そうそう、Wiiを有線LANで繋ぐのに必要なLANアダプタは純正でなくても対応しているものがあります。
私が購入したのは、UE-200TX-G

純正のWii専用LANアダプタが2,110円~なのを考えると、安いに越した事はないと…

ただLANを繋ぐだけの道具なので、使えればそれで十分だと思います。
ちなみに、無線LANを使っているのなら特に必要な道具はありません!

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form