リアル・ライフ・ダイアリー

2009年05月07日

少子化問題は深刻だけど解決できなさそう…

日本のトップ(首相)がこんな考えでは、少子化問題は深刻化するのは当たりまえかと…

首相「子ども2人、最低限の義務」 国会答弁、後で撤回
 麻生首相は7日の衆院予算委員会で、少子化問題に関連して「私は43で結婚してちゃんと子どもが2人いましたから、一応最低限の義務は果たしたことになるのかもしれない」と述べた。首相はその後、「義務という言葉は不適切だ」と発言を撤回した。
 首相は、民主党の西村智奈美氏との質疑で「子どもを産んだら楽しいという話をあまり言わないんですね、この国は。子ども産んだらいいことありますよと自分自身は思うが、他の人は大変だ、大変だという話しかしていない」と持論を展開し、「最低限の義務」に言及した。
 だがその後、「産みたいと思っても産めない、いろいろなことがあって産めない、肉体的理由で産めないとか、いろいろな理由があろうと思う」と自ら切り出し、発言を不適切だったと認めた。
 少子化問題をめぐる発言では、安倍政権当時の07年1月に柳沢伯夫厚生労働相が「女性は子どもを産む機械」と述べたことが問題化し、安倍首相が陳謝している。


そもそも、農業の問題(自給率)と少子化問題は一番力を入れなければいけない問題ではないでしょうか?
それなのに、今回の景気対策(09年度補正予算案)には、ほとんど含まれていない…

一応、雇用対策や子育て支援で野党を意識した政策が採り入れられているとの記事もあるが、バラマキに使われている金額から見れば微々たるもの

歪んだ顔のおじさんが総理の椅子にしがみついて間もなく1年…
いい加減日本の将来を考えた政治をしてくれないものか?

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form