リアル・ライフ・ダイアリー

2009年03月24日

1T(テラ)って偉大…

SATAⅡを駆使して、なんとかハードディスクの引越し終了

ハードディスクのフォーマットで丸々4時間費やすのってどうかなぁ?
おかげでハードディスクのお引越しは今日の朝になったとさ…

そんなこんなで無事に引越し終了です。

1T(テラ)って偉大…

頑張っても130Gそこそこのデータって一体…
さらに空き容量が800G

う~ん…圧巻…

これなら当分空き容量を気にする必要もないのかな?と思います

話は少々ずれますが、4G位のデータを写すと、SATAⅡの威力がヒシヒシと伝わります。


ちなみに、代表する転送速度の表はこんな感じ
ちなみに、光ファイバでのインターネットは最大速度100Mbps(12.5MB/秒)

USB1.1 12Mbps(1.5MB/秒)
USB2.0 480Mbps(60MB/秒)

Serial ATA(SATA) 1200Mbps(150MB/秒)
Serial ATA(SATAⅡ) 2400Mbps(300MB/秒)


やっぱりSATAⅡの破壊力って凄い…


またまた話がそれますが
DVDの読み込み速度は、11.1Mbps(1.385MB/秒)
ATAは、133.4Mbps(16.7MB/秒)

PS2を外付けハードディスクにした場合、読み込み速度が10倍近く早くなる計算
体感速度にしたらたいした違いにはならないでしょうけど…


かなり話がそれましたが、これから自作でPCを組む場合はSATAⅡは必須かと…

私のマザ-ボードでは、SATAのコネクタがPCの背中から出ているので、そのままハードディスクをケーブルで接続するだけの、とっても便利屋さんです。

内蔵(PCI)で付けるためにはボードを購入する必要がありますが、安いボードなら3,000円位なので、今後の待ち時間を考えると買っても損はないと思います。


↑SerialATAII + IDE(ATA133)インターフェースボード(玄人志向:2,830円)

確かに安いですが、玄人志向はドライバには注意したいです。
ドライバ???って人は他のメーカーを選んだほうが無難かと…

でも、今の世の中ネットでググれば何とかなる?
とりあえず勉強するつもりなら、問題ないと思います。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form