リアル・ライフ・ダイアリー

2009年03月06日

PS2でHDDを外付けで使う!

GEO(ゲオ)でPlayStation 2専用ネットワークアダプター (Ethernet) (EXPANSION BAYタイプ) SCPH-10350を中古(2,780円)でGET!
せっかくなので、試作を兼ねてPS2改造の一歩を踏み出してみました。

PS2でHDDを外付けで使う!

どこのサイトでも、PS2の改造は頻繁(?)に行われていて今更?という感じもしますが、PS2からPS3へ順調に各ゲームーメーカーの移行が進んでいる現状を考えると、もうそろそろPS2の改造を行っても良い頃合だと考えました。

私の場合は、レンズの劣化で買い替えたPS2が3台あり、現役なのは2台、1台は押入れの肥やしになっている、使い物にならないPS2が1台あります。

今回は、このPS2を復活させる事にしました。
今回の改造によって、DVDの読み込みを一切行わずに起動する事が可能になりました。


詳しい内容は下記【PS2でHDDを外付けで使う!の続きを読む】から参照して下さい!





今回の「PS2でHDDを外付けで使う!」の大まかな流れは3つ!


(1)PS2専用ネットワークアダプターを削って、IDEケーブルと電源コードをPS2本体の外へ出す!
(2)UBSメモリーに起動用のアプリケーションを入れて、メモリカードに移す。
(3)HDDからゲームを起動できるか動作確認。




とりあえず必要なものが何個かあります。
↓のものを一通りそろえましょう!


準備する(必要な)もの


   PS2専用ネットワークアダプター
   電源延長ケーブル
   IDE延長フラットケーブル(ATA33のものしか販売されていません!)
   HDD(ハードディスク:IDE40pinの物)


   Swapmagic3.6~(1度しか使わないので、借りるか買うか…)
   USBメモリー
   メモリカード(8M推奨)


Swapmagic3.6~はアキバ系の店で売っています。楽天市場で3,000円位かと…


   お気に入りの工具


PS2専用ネットワークアダプターを削るのに工具が必要になると思います。ニッパーとラジオペンチを駆使して剥していくのが一番簡単かと…
仕上げは金属ヤスリでスリスリすると綺麗に仕上がります。




(1)については、色々なサイトで画像付きで紹介されています。
google検索「PS2 ハードディスク 外付け」で検索すれば色々と出てきます。
方法も十人十色なので、自分に合った方法を探すのが良いと思います。


(2)についても色々と方法があるようです。
私が行った方法をご紹介します!


1.必要なアプリケーションをダウンロード


   FMCB(FreeMCBOOT)
   uLaunchELF
   HDLoader
   ERS
   WinHLLP(HDDにPS2のソフトを入れる時使用)


それぞれはググって探せば見つかると思います。
そっち方面の雑誌ではCDに収納されているので、そこで手に入れる事も可能です。


2.必要なファイルをUSBメモリにコピー


FMCB(FreeMCBOOT)を解凍して「INSTALL」と「FREE_MCBOOT.ELF」をUSBメモリに移動



USBメモリに「SWAPMAGIC」フォルダを作る。



uLaunchELFを解凍して、先ほど作った「SWAPMAGIC」フォルダに「BOOT.ELF」をコピーし、「BOOT.ELF」のファイル名を「SWAPMAGIC.ELF」に変更する。


uLaunchELFの「BOOT.ELF」を「INSTALL」フォルダ内にもコピーする。


HDLoaderとERSを解凍し、それぞれのELFファイル(HDL_V0.8C.ELF ESR beta r9b dvdv direct off.elf ESR beta r9b dvdv direct.elf ESR beta r9b mcard.elf の四つ)をUSBメモリの「INSTALL」フォルダ内にコピーする。


最終的には下の画像のようになると思います。


①USBメモリの中



②「INSTALL」フォルダ内



③「SWAPMAGIC」フォルダ内




続いて、PS2のメモリカードにFMCBとESRをインスコ。


USBメモリとメモリーカードをPS2に取り付け電源を入れる。このとき「Swapmagic」のCDかDVD版を入れます。(なにも入れないと起動はしません!)


FMCBが起動、○ボタンを押して「FileBrowser」を選択。


USBメモリ(mass:/)のFMCB(FREE MCBOOT.ELF)を選択します。


画面が変わるったらメモリカードに導入をするために、コントローラーの「□ボタン」を押してインストールを開始します。
(出来ない場合は、空きブロックがある程度空いていない可能性があります。その場合はメモリカードのデータを削除して容量(空きブロック)を確保してやり直して下さい)


インストールが完了 メニューに各項目が追加されています。
ディスクを入れないでPS2を立ち上げると画面に項目が追加されているのが確認できます。



これで、「(2)のUBSメモリーに起動用のアプリケーションを入れて、メモリカードに移す」も終了!



最後に(3)HDDからゲームを起動できるか動作確認をします!


まず、PS2のソフトが入ったHDD(ハードディスク)を用意します。
私は「WinHLLP」を使いました。HDD(ハードディスク)はPS2用にフォーマットされた物を用意します。
私は、「HDAdvance」を使ってフォーマットしています。


「WinHLLP」の使い方は、「WinHIIP」でググれば簡単に探せると思うので省略します。
ここでは、HDD(ハードディスク)を用意してからメモリカードでHDD(ハードディスク)起動する方法を紹介します。


HDD(ハードディスク)をPS2に接続します。
メニューからFMCB(FreeMCBOOT)を選択
「ボタンセレクト」画面でコントローラーの「○」を押す
白い画面になったら、下Kら2番目の「Return to loader」を選択(「○」を押す)
上の○:「filebrowser」を選択(「○」を押す)
「mc0:/」→「BOOT/」→「HDL_V0.8C.ELF」を選択(「○」を押す)


HDLOADERが起動するので、遊ぶゲームを選択(決定は×ボタン)
ゲームが起動します。

trackbacks

trackbackURL:

PS2を外付けHDDで起動する! from リアル・ライフ・ダイアリー

久々に時間が空いたので、PS2を色々と弄っていました。 PS2の外付けHDD起動...

PlayStation 2専用メモリーカード(64MB) 399円 from リアル・ライフ・ダイアリー

今更って話なのですが、PS2のメモリカード(64M)を買ったり… 中古のメモリカ...

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form