リアル・ライフ・ダイアリー

2009年02月11日

windows2000で地デジ放送を見る方法

年末に地デジが見れるパソコンを目指して見たものの、物理的論理的に無理な事を知らされた…

VGAボード(グラフィックボ-ド)を買った後に知ったおかげで、計画は完全に頓挫(汗
HIS社のHD4670搭載グラフィックスボード H467QT512P (PCIExp 512MB)の代金が完全に無駄になりKO負け…

でも、タダではコケマセン!

今こそ、Windows2000のユーザーの小意地を見せるときといき込んで見ました。

基本的には、Windows2000では地デジは見れません…
その理由は、COPP(Certified Output Protection Protocol)の存在
この仕組みがWindows2000には搭載されていないので、地デジの放送をモニタに出力されない…

しかし、パソコンを出力するだけの道具として利用すれば、地デジをWindows2000で見ることも可能になるのではないか?
そんな考えで、windows2000で地デジ放送を見る方法を実践してみました。

基本的な考え方は、いたって単純明快です
イメージとしては、アナログテレビに地デジを写すのと同じ
違うのは、キャプチャーボードを通すので、ウィンドウでの操作が可能です。

tidejigazousample.jpg
↑これは実際の画像です。
もちろん画面の大きさは自由に設定できます。

<用意する物(()内は私が用意した物)>

1.地デジチューナー(八木アンテナ:DTC10:価格→16,800円位)
2.地デジアンテナ(マスプロ:UDF2A:価格→3,480円位)
3.キャプチャーボード(エルザ:EX-VISION 400V:価格→780円(中古))
4.S端子ケーブル(オーム:VC-5009:価格→880円)
5.ステレオミニ-ピンプラグ変換ケーブル(持っていたのを利用:300円位~)

以上の5点とその付属品
私の場合は、YAGI(八木アンテナ)の地デジチューナー(DTC10)とマスプロの地デジアンテナ(UDF2A)を持っていたので、今日、3・4を購入しました。

方法はあえて説明する程の事ではないと思います。

PCのケースを開けて、マザーボードにキャプチャーボードを取り付けます。
(音声の出力を、CDINと接続しないと音が出ないので注意して下さいね!)
地デジアンテナと地デジチューナーを接続
地デジチューナーのS端子と音声をキャプチャーと接続
後は、キャプチャーのドライバを入れれば完了です。


↓以下は、私が購入したアイテムです。
(それぞれの詳細は画像から確認できます。)
地デジチューナー(八木アンテナ:DTC10)

地デジアンテナ(マスプロ:UDF2A)


これでとりあえず、2011年を超えてもWindows2000でテレビを見ることは可能になりました…
必要になる費用を考えれば、OS替えた方が安いって?
その通りかも知れません…
ただ、XPに対してはどうしてもアレルギーがある人多いと思います。
Vistaにすると、今使っているアプリケーションが使えなくなる…
Windows7の話もあるので、後2年はWindows2000使うつもりの人多いと思います。

とりあえず当分は地デジ放送を楽しみたいと思います!


COPPと、Windows2000で地デジを見る為のオススメアイテムは↓の続きから…





COPP(Certified Output Protection Protocol)とは?

COPPでは、アプリケーションソフトウェアとGPUが、HDCPのDPKのようなキーのやりとりを行ない、GPUがHDCPに対応するなど保護された出力を備えているのかを確認する。まずはGPUとキーのやりとりを行ないHDCPに対応しているかを確認し、GPUがディスプレイとDPKのやりとりを行ないHDCPに対応しているかを確認していき、最終的にすべての準備が整った段階でアプリケーションソフトウェアはGPUへのデコードしたビデオデータの出力を開始する。




私が中古で購入した「ELSA EX-VISION 400TV」は残念ながら販売されていないみたいです。
似たようなTVキャプチャーボードとして、バッファローから「PC-MV1TV/PCI」が出ているようです
バッファローの製品情報ページはhttp://buffalo.jp/products/catalog/item/p/pc-mv1tv_pci/index.htmlにあります。


↑楽天市場では最安値?送料込みで4,026円でした

やっぱり、OS替えた方が安上がりなんですけどね…

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form