リアル・ライフ・ダイアリー

2009年02月13日

ワンセグデジタルテレビチューナー到着!

先日(2月11日)に注文したUBSワンセグチューナー「DY-1SU01」が、先ほど佐川急便で到着しました。
楽天市場のECスタイルで送料込みの2,980円で買いました!
詳細は↓の画像から確認できます。
今確認したら、2,834円に値下がってる…(涙)

さて、泣くのはこの位にして、早速比較検討して見たいと思います。

私が、パソコンでTVを見る手段は3つ!

①KeyHoleTV(TVAnts)などのP2Pアプリケーションを使って視聴する
②地デジチューナーとTVキャプチャー(内蔵)を使って視聴する
③ワンセグチューナーを使って視聴する

それぞれの画像を比べるのが一番手っ取り早い




①KeyHoleTV(実物大の画像)
お金を使わずテレビをパソコンで見てみる!




②地デジチューナーとTVキャプチャー(サイズは自由に変更可能)
tidejigazousample.jpg




③ワンセグチューナー
DY-1SU01demo.jpg


ちょっと分かりづらいでしょうか?
画像が良い順番は、②地デジ→③ワンセグ→①P2Pという感じ
使い勝手も②地デジ→③ワンセグ→①P2P
必要な費用は①P2P→③ワンセグ→②地デジ
極めて当たり前な結果となってしまった事は突っ込まないで下さいね(汗


それぞれの長所と短所を検証してみました。

①KeyHoleTVなどのP2Pアプリケーションを使って視聴する
インターネットを利用して手軽にテレビ放送を視聴(必要費用0円)できるのが魅力。ただ、ネット放送が故、画像がフリーズしたり、つながりにくかったりとストレスを感じる事が多いのが欠点。画像の質は、ワンセグより少々劣るレベルで、パソコンで作業をしながらの「ながら見」利用向けだと思います。
当然、録画などの昨日は一切無しで、視聴専用です。


②地デジチューナーとTVキャプチャー(内蔵)を使って視聴する
一番費用がかかる(全部で2万円弱)だけあって、画像の質、使い勝手ともに十分応えてくれます。地デジを使って画像を出力しているので、ノイズなどは一切なし。録画などはTVキャプチャーのアプリケーションにより差がありますが、HDレコーダーとしての使い方も可能だと思います。
もちろん、私はWindows2000を使っているので、S端子・アナログ出力。従って普段の地デジ放送と比べると画像は少々劣ることは否めません…
ただ、アナログ出力なので「ダビング10」などの影響も無いのが魅力?
地デジの処理は外付けの地デジチューナーで行っているので、パソコンにほとんど不可がかからないのは良い事だと思います。


③ワンセグチューナーを使って視聴する
USB接続のワンセグチューナーは手軽に使えるので、ノートパソコンなど移動する時使うなら良いと思います。ただ映像はカクカク感が強く、サッカーや野球などの放送はストレス溜まりそうな感じがします。
メモリの使用量は20MB程度…①KeyHoleTVなどのP2P放送と違って、映像がフリーズする事はほとんど無い(コマ落ちすることはあります…)ので、割り切りであればオススメかも知れません。
もちろん、ワンセグ放送の受信状態が良い時の話です。私の家では、地デジの受信レベルが平均60以上です。受信レベルが下がると使い勝手は極端に悪くなると考えられます。
録画などは出来ますが、画像はワンセグレベルです。一応200%(画像サイズ2倍)でも視聴できます(下画像参照)が、画像の悪さはストレスに感じるかも知れません…

ワンセグ放送の画像サイズ2倍映像


<結論>

テレビ放送を本格的に(家庭にあるテレビと同じ感覚での使用する)なら、TVキャプチャーを使うのが一番だと思います。一応DY-UD200などのUSB地上デジタルチューナーもありますが、色々と不具合が発生している人が多いみたいです。(価格.comなどのクチコミ参照)

あれば便利程度であれば、P2Pやワンセグ放送でも十分だと思います。
ワンセグでの電波受信が良好であるならUSBワンセグチューナーを、地デジ電波の受信がよくなければP2Pを利用したインターネット放送が良いのでは?と思います。

結果、ありきたりな結論になりましたが、3つのTV画像を一緒にアップしているサイトってほとんどないので、それなりに参考になるのではないかと思います。

Windows2000をギリギリまで使う予定の方は、TVキャプチャーは買っておいた方が良いと思います。
今なら、バッファローのTVキャプチャーが唯一Wibdows2000プロフェッショナル(SP4~)で対応しています(詳細は下画像から確認できます)。
バッファロー PC-MV1TV/PCI

価格は送料込みで4,000円前後なので、セカンドマシーンに降格した後でも使い続ける人にはオススメです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form