リアル・ライフ・ダイアリー

2009年02月01日

Googleの表示不具合には焦った…

昨日仕事をしていたら、Googleの表示がえらいことに…
今日起きて再度確認したら、以下の記事がありました。

Googleの表示不具合 実はマルウェアが原因
Googleの検索結果の全てに「このサイトはコンピュータに被害を与える恐れがあります」というメッセージが表示されたのは、日本時間の31日である。

しかし、その後の報道で、これは悪意のあるソフトウェアが原因であると発表された。
 米Google(グーグル)は31日(現地時間)、同メッセージは人為的ミスであったとの説明を公式ブログで発表し謝罪した。Googleでは悪意のあるソフトウェアがインストールされていると判明したサイトには前述のようなメッセージを表示する。同社では非営利団体である StopBadware.orgからリストを入手。リストのメンテナンスは自動および手動で行っているという。この日は朝にリストのアップデートを行ったが、"/"が誤ってリストとされ、世界中のURLが悪意のあるサイトと認識されてしまったという。
現在ではこの不具合は解消されている。

内容読めば、あっそう?
で済むような内容ではありますが、全世界で同じ現象が起こったのは凄い事

その間、一切の広告収入がなくなったはずなので、損害はどれくらいになるのか想像もつかない…
今のネット社会の問題点を浮き彫りにした感じ

PC初心者の人においては、心臓に悪かったんだろうな…

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form