リアル・ライフ・ダイアリー

2008年06月24日

たばこ1000円賛成派

たばこの値段が1,000円になる日も近い!?
いよいよ日本も動き始めた様子

たばこの値段については、喫煙者と非喫煙者で意見が真っ二つに分かれる問題
私は賛成派の人間だ

理由は、私は非喫煙者だから
日本人のマナーが悪いのは昔からの国際評価
たばこの喫煙者の多くがマナーの意味すら知らない人が多いのが嘆かわしい

子供がそばにいようが
非喫煙者が煙たがろうが
一向にお構いないの喫煙者

だが、これはあくまで私の立場の意見
実際には色々な背景があるのは確か

まず最初に考えるのは、

たばこの喫煙による病気の発生率

特に、肺がんなどは驚くほど発症率が高い
勝手に死んでいくのは構わないが、保険を使われると困る
今、医療費肥大は国を悩ます大きな問題

たばこの売上増減による税収入という目先のどうしようもない話よりも
国民が健康に生活して、医療費削減の効果の方が数倍重要

喫煙家の教授や自称アナリストはもう少し先見を広くもって欲しいものだ

次に考えるのは、

Co2(二酸化炭素)排出

たばこは火を付けて煙を吸う
これはれっきとした二酸化炭素製造
一つ一つは小さくても、何千万という喫煙家がいると話は別
エコを重んじる日本では、喫煙者を減らすのは当然の義務

その他にも、周囲の人へのストレスや副流煙による二次被害など
喫煙による悪い材料は絶えない

百害あって一利なし

これはタバコの為にあるような言葉

タバコの値段が飛躍的に上がれば
マナーを守れないような人は購入するのが難しくなる
たばこ1,000円は国際標準
この国際標準は福田総理の得意な言葉

私は、たばこ1000円賛成派の人間

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form