リアル・ライフ・ダイアリー

2008年02月28日

ギョーザ事件で公安当局、中国で混入を改めて否定!

予想通りというか、なんというか…
とりあえず、記事の前文

【北京28日時事】中国製冷凍ギョーザ中毒事件で中国公安省刑事偵査局の余新民副局長は28日、北京で記者会見し、「有機リン系殺虫剤メタミドホスが中国国内で混入した可能性は極めて低い」との見解を発表した。製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の生産管理は厳格で、工場内での混入は困難とし、従業員についても「毒物を入れた嫌疑のある人物は発見されていない」と言明。中国側の責任を事実上、全面否定した形で、真相究明は一段と困難となった。 冷凍ギョーザ中毒事件で公安省が公式見解を出すのは初めて。
日本側は、未開封のギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出された事実から、天洋食品の工場など中国内で混入された可能性が高いとみているが、余副局長は、一定の条件下では外部からの浸透は可能との実験結果を紹介して反論。メタミドホスは中国製との見方についても「そうとは限らない」と指摘した。
余副局長は、「事件は残留農薬が起こした食品安全問題ではなく、人為的な混入」との認識を示した。しかし、ギョーザの包装、保管などに関係した天洋の従業員55人に対する捜査では混入の嫌疑はなかったと述べ、中国ではなく、日本で混入した可能性が大きいとの見方を示した。 


これで完全に平行線になった訳

日本は中国で混入
中国は日本で混入

こうなると、問題の解決はほぼ不可能
中国はメンツを保ったつもりだろうが、日本の消費者から見れば

中国製は危険

であると再認識をした事になる

今回の件で明らかになったことは、
「中国製の食品を食べて、被害を受けても責任元が明確にならない!」

私なら、中国製食品は絶対に買わない!
今回の件では、各マスコミが直接中国の天洋食品に出向いて、従業員の体験などをした結果、安易に物を持ち込める事が確認できている
それに加えて、管理は厳しくても監視は甘い実態
さらに、外国で中国製品による中毒事件が多数起きている事

これらを考えれば中国に問題があることは明らか…

こんなことでは、いつまで経っても世界レベルでの信用は得られないであろう

もうそろそろ農水省も本格的にMADE IN JAPANを考えた方が良いと思う
まずは、農業の一般開放を推進すべきだと
一般企業が農業に進行すれば、おのずと自給率は上昇する
地方への活力配分にもなる

農家を飼い殺ししているよりは、はるかに良いと思う

まずは、農水省の癒着を何とかすべきだ!

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form