リアル・ライフ・ダイアリー

2008年02月17日

企業年金運用問題

今日の日経でこんな記事があった

企業年金利回りが大幅悪化、07年度は5年ぶりマイナスの公算
 企業年金の運用利回りが2007年4月―08年1月にマイナス6.39%と大幅に悪化したことが分かった。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を背景に、国内外の株式相場の下落が響いた。3月決算期末まで株式相場の低迷が続けば、07年度の利回りが5年ぶりにマイナスに転じる公算もある。年金費用の追加負担が企業業績に響く可能性も出てきた。
 格付投資情報センター(R&I)が調査対象とする約130の企業年金(年金資産額は約12兆円)の運用成績を集計した。利回りは07年4―12月の実績値と08年1月の推定値から算出した速報値。サブプライム問題をきっかけに昨年8月には日経平均株価が1万6000円を割り込むなど株式相場が下落し、企業年金の運用成績の悪化が鮮明になった。


この記事を読んでいた時、福田総理の顔が浮かんだ

「日本の株価暴落はアメリカのせい…」

無策内閣として全世界に軽蔑されている福田総理の言葉
年金の崩壊もアメリカのせいにしかねない

年金運用の境目は日経平均16,000円程度
国民年金に限ってはもっと深刻な状態

先日発表した、小麦粉の卸値は一気に30%も上がる
当然、国民の物価水準も上昇
その結果、個人消費以上に企業の売り上げは落ち込む

国は、国民からの税金で利益を上げるべきではなく、企業の利益から捻出する納税で利益を確保するべき!

癒着という癌細胞が国土全体に移転している日本では無理な正論

昨年から書いているが、

日本崩壊シナリオ

は、間違いなく進行している様子

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form