リアル・ライフ・ダイアリー

2007年10月17日

赤福?伊賀福?近江福?

赤福が世間を賑わしたのがつい先日
これはプレミアム?

伊賀福と言う名の…

秋と言う事で松茸を食する為にfor近江
松茸を堪能した後「道の駅」で休憩

何気に売っていた「伊賀福」
内容は、「赤福」
ひよことひよっこ?

さっそく味見
う~ん、赤福の方が餡が美味しいかも?
冷凍品と比べて?
冷凍品と作りたての食べ比べをした事がないのでノーコメント

ただ、赤福の復活は数ヶ月先?
白い恋人はまだ復活未定?

まだまだ続く偽装問題
当然マンションの耐震偽造も…

ブームになるとマスコミに弄ばれる現実

証券優遇税制廃止の方針

政府税制調査会(首相の諮問機関)は16日、証券優遇税制について、延長せず廃止することを11月下旬にまとめる答申に盛り込む方針を固めた。証券市場の活性化を唱える自民党内には、延長を求める意見が根強いが、民主党は廃止を打ち出す見通し。年末の税制改正の焦点になっており、政府税調の方針は与野党の議論にも影響を与えそうだ。
 優遇税制は株式や株式投資信託の譲渡益、配当にかかる税率を本来の20%から10%に半減する措置。政府税調は昨年の答申でも「(5年間の)期限到来とともに廃止し、簡素でわかりやすい制度とすべきである」と廃止を主張したが、自民党内に延長論が根強かったため、1年延長された。その結果、譲渡益にかかる優遇税率については08年末に、配当関係は09年3月末に期限をむかえることになっていた。
 16日の政府税調企画会合後の会見で香西泰会長は「私の感じとしては問題は議論し尽くしてしまった。(昨年の結論から)変わるなら、その理由を考える必要がある」と述べ、昨年に続いて廃止を盛り込む考えを示唆した。同日の会合でも、優遇を廃止することに異論は出ず、利子所得などを含めた金融所得間での損益通算の範囲拡大などが議論された。
 会合では、中小企業の事業承継をスムーズにするため、非上場株を相続する場合の軽減措置も検討されたが、賛否両論が相次いで議論がまとまらず、改めて検討することになった。

何を考えているんだか…
ただでさえ世界と比べて貧弱な日本企業の時価総額
市場の30%弱を占める個人投資家を締め出して何をしたいのだろうか?
これは外資に三角合併してくださいと言っているのか?

アメリカの景気を守る為に、日本の企業を生贄にする

給料上がらないのに、定率減税の撤廃=増税
年金横領した人は裁かれないのに、年金への税金投入
そして、今だに発表されない未来の年金像
若者の納付率20%台
民主主義は多数決
年金は納めないのが正しいという持論は正論?

これでも暴動を起こさない日本人には「サムライ」の心は昔話
学生運動なんて言葉は死語?

数十年後の日本の平均寿命は62歳
理由?
定年後に孤独死・餓死・伝染病感染死の増加が理由

育児費用を捻出できず
年金支給までの生活費が捻出できず
病院への通院費・治療費が捻出できず

3デキズで日本崩壊!?

立ち上がらない国民は自業自得?

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form