リアル・ライフ・ダイアリー

2007年08月21日

中華航空機の炎上

またか?

これが私の感想

どれだけ経済が発展したように見えても、これが中国という国の実態

社会主義という名の基本主義国家
台湾・マカオ・香港には常時ミサイルの弾頭が向けられ
6本足のカエルが生まれ、顔が2つある双頭牛などが家畜され、それが普通に市場に出回る国

この国は、北京オリンピック・上海万博後に必ず何か起きるであろう
その頃には北朝鮮も道連れになる可能性も高い

アジアの政局リスク
これはもう避けられないのかも知れない

ともあれ、中華航空機の炎上がテロでなくて良かった
もしテロなら、世界的な政局不安になってしまう所

テロ団体が一番恐れる国
それは間違いなく、中国だろう!

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form