リアル・ライフ・ダイアリー

2007年08月18日

久々の更新

久々に時間が空いた

お盆は墓参りなどで多忙
しかも、酷暑のオマケ付き

日経は歴史的な暴落
全国でヒルに血を吸われる被害が続出

どうなるんだろうね?

日本

週末にFRBが公定歩合を0.5%引き下げた
これでNY市場は反発

ただ、今回のサブプライムローン問題は簡単にはいかない

背景を考えて見る

今回損をした人は誰?
日本の個人投資家でサブプライム債権を買っている人はいるのだろうか?

私はそんな人知らない!

なら、誰が損をしたのか?
一番大きな打撃を受けたのが、ヘッジファンド
ヘッジファンドはお金を集めてそれを運用している

結論

へッジファンドに出資した人が損をしている

ココからが問題!

この人達って誰?
続に言う、大口投資家やディーラー・後は銀行の投資部門&証券会社の自己売買部門etc

これが日経やその他の国の暴落を招いている訳だったりする

ぶっちゃけ、FRBが公定歩合を引き下げても意味はあまりないと言うのが現実
確かに一時的には落ち着くが、今回の問題(サブプライムローン)での補填は資産(株式)売却などで補う事になる。
市場のエネルギーである資金は確実に減少した事を覚えておかなくてはいけない

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form