リアル・ライフ・ダイアリー

2007年06月06日

年金問題の向かう先

マスコミでは、年金問題が新たなステージをスタートした
さしずめ名称はこんな感じだろうか?

年金 道ずれ 破滅 ツアー 2007

この問題はとっても奥が深い

続ければ破滅
止めても破滅

どちらも破滅する

おかしくないか?

そう、この論理にはからくりが存在する

100=100

であれば、いくら不明分があってもそれほど問題視されない
だが、現状では、

100=0

その支払われた年金が無くなっているから問題なのだ
グリーンピア?
いや、

豪遊

このキーワードが後々表だってくるのだろう

この調子だと間違いなく数年後までには、年金制度が破綻するだろう
いや、もしかしたら1・2年後かもしれない
だが、だれも責任を取る人はいない

私は思う

年金にも格付けを行うのはどうだろう?
支払う側は、その国を選ぶ
そうすれば、運用と代わらない

日本の年金制度の格付け?

イタリア風に書けば「産業廃棄物」でしょう

日本国は直ちに公表する事実があるはずだ

年金のキャッチフレーズを募集中

・20代の人は、100%回収不可能な年金
・年金を受け取る前に50%は息絶える国民
・最大のボランティア 年金
・年金は公務員のお小遣い

川柳で年金をテーマに募集したら面白いのにな?
伊藤園さん    どう?

△TOPへ戻る

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form