リアル・ライフ・ダイアリー

2007年06月05日

オール電化に潜む闇

オール電化が浸透してきた

私はオール電化に否定的な人間だ

現在の火災の原因は以下の通り

1.放火
2.こん炉(こんろ)
3.たばこ(寝タバコ)

となっている模様。
なぜ、オール電化に否定的なのか?

上記の3つは防災が可能だ。
もちろん、放火については半分運まかせのところがあるが…

ただ、「漏電」はどうにも予防できない。

私の知り合いも昔漏電が原因で全焼した

オール電化がこのまま進めば、近い将来、上位に漏電がランクインすることは間違いないだろう

そもそも、漏電は接点から起きる事が多い
接点とは、配電盤やコンセントなどの電気をつなぐ場所の事である

電気の消費(W)が大きくなれば当然負荷も大きくなり、接点に発生する熱量も大きくなる。
しかも、この辺りは知識がない一般人にはメンテナンスは不可能であり、火事の原因を聞いて初めて落胆する人が多い

火力などを電気で補うのにはとてつもない電力が消費する。
ドライアーをつけっぱなしにしながら、エアコンを前回にしている状態が何十分も続く事になる。

昔の家なら、ブレーカーダウン必死の状態だ

新築以外でオール電化を導入する例が少ないのはこれが原因で、容量を上げるのには莫大な工事費がかかる。

私が、オール電化に否定的な一つ目の理由はこれである。

もう一つの理由…
それは、停電で全ての機能を失う事になること

近未来は、電力の確保が社会現象化する事はほぼ間違いないだろう。
狭い日本、何処に原子力発電所をつくるのか?

日本やアメリカなどでは、電力不足は認知される問題ではないが、全世界ではそのほとんどの国で電力不足は国家問題になっている

お隣、中国でも同じように電力不足は国家問題になている

停電?

問題は別にある。
電気の使用量が多くなれば、当然値上げに対するリスクも大きくなる。
原油が値上がりする中、電気の使用料金はそのままなのか?

ガソリンだって、昨年の今頃は120円台でも高かった部類
今日のガソリンの価格は140円台

同じ事が電気で起きたらどうなるのだろう?

電力会社のCMに踊らされえると後悔する事になる?
私の中では、サラ金のCMと電力会社のCMがダブッて見えるのは幻覚じゃないだろう

△TOPへ戻る

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form