リアル・ライフ・ダイアリー

2007年06月03日

安部政権の終焉

いよいよ阿部政権の終焉か?
そんな話題が週末から世論を騒ぎ立てている

そのそも、この話はとある調査から、自民党支持率(16%へDown)と民主党支持率(20%へUP)が逆転した事から囁かれ始めた

今年は、参議院選挙(7月5日(木)公示—7月22日(日)投票)がある

そこで、自民党が完敗すれば当然安部政権は終わり

松岡農林水産大臣の自殺が支持率低下へ大きく関与しているのは間違いない
その他にも、年金問題など国民を失望させる材料には事かかない

その逆に、安部総理大臣自体の存在感は陽炎(かげろう)のように薄く
選挙の顔とは、決定的なインパクト不足

トドメになるのは、北朝鮮問題の確立が高い

北朝鮮の金総書記は安部政権を歓迎していない
もし、彼らが何らかのアクションを起こすなら、6月と7月、選挙前が怪しい
当然、彼らの切ってくるカードは『核』だと予想される

先日も書いたが、増税により景気の停滞も年末までには鮮明になるのではないだろうか?

とにかく、安部政権の終焉が日本の景気の分岐点になる可能性が高いのではないだろうか?


△TOPへ戻る

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form