リアル・ライフ・ダイアリー

2007年06月12日

ラニーニャとツボカビ

ラニーニャとは、エルニーニョの正反対の言葉

簡単に覚えたい方はこんな図式

ラニーニャ=猛暑
エルニーニョ=冷夏

南米エクアドルからペルー沿岸にかけての海水温が上昇する現象を「エルニーニョ現象」と呼ぶのに対し、海水温が下がる現象は「ラニーニャ現象」と呼ばれ、いずれも世界的な気候変動をもたらす。エルニーニョにより東方へ追いやられた温水が西方に戻る時に発生するとされる。ラニーニャ現象が起こる時、日本では空梅雨、猛暑、渇水、寒冬になると言われており、1973年のラニーニャでは北陸や東北地方で大雪に見舞われた。

これはgooより抜粋したもの

ようするに、梅雨に雨が降らないので水不足になりやすい
猛暑になりやすい

今年は熱中症に注意が必要

熱中症の起こる仕組みはご存知だろうか?

難しい事を考えてもしかないので、大まかに

体温がどんどん上がっていく状態

これが熱中症

気温が体温より高くなると起こる

通常は、汗や呼吸などで体から熱を放出している
これが、気温が体温より高くなると逆の現象になる

体温が気温より熱を吸い上げる

これにより、発熱状態になり脳がやられる

そんな感じ

予防方法は意外と簡単

「体温を下げる!!」

水を飲む
太い血管に冷たい物を当てる
日陰に入る etcetc

究極はこれ!?

クーラーを付ける(笑)

要するに、冷やせば良い。

もし、やばいと思ったら冷たい物を飲みましょう。
日陰で休みましょう
クーラーの効いているコンビニに駆け込みましょう

後、夜も大切
夜気温が下がらないと体が休まりません。
特に、30℃を超えた状態が続くと、体が徐々に疲れて行く

おすすめは、氷たんぽ!
湯たんぽの逆
氷水を湯たんぽに入れて一緒にお布団へ
これで布団の中の温度が下がる。

私はクーラーを一切使わない。
昨年も、氷たんぽで一夏過ごした
今年もそうする予定

ツボカビ…
ながくいなったのでまた今度…

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form