リアル・ライフ・ダイアリー

2007年06月01日

財源の移動で無駄遣いを助成する

昨日も書いたが、建前は財源の移動という事になっているが、これで地方の行政が潤うと思っている人はいないと思う。

そもそも、財源の移動によって、取材側のコストが飛躍的に上がることになる
そうなると、悪い事がしやすくなる。

レポーターやカメラマンも、生活がかかっている
だから、情報が集まるところに集中するのは当たり前。

東京にいれば、タレントと政治家などをまとめて調査できるが、地方にスキャンダルが散らばると監視の目が節穴になるのは仕方がないこと

今まで、都心 → 黒い政府官僚 → 黒い会社 → 黒い議員
だったのが、 地方 → 黒い会社 → 黒い政府官僚 → 黒い議員
になるだけの事

しかも、監視の目が緩くなるオマケ付き

やっぱり、日本はお先真っ暗?

そう言えば、前何かの番組でこんな事を言っていたおばさん(アナリスト)がいた。
発言は確か、議員宿舎などの議員優遇問題の討論の最中だったと思う。

「政治家は日本の国を背負って一生懸命働いているのだから、それ(議員優遇)位の権利は当然だ。一国民がそんなにセコイ事を言ってどうする!!」

とか、なんとか吠えていたっけ?

これを一会社に直すとこうなる。
「あの会社は、日本に多額の寄付(納税)をする為に一生懸命働いているのだから、それ(会社役員の自社株の売り抜けの為の株価操作)位の権利は当然だ。一般市民がそんなにセコイ事を言ってどうする!!」

そうなると、ホリエモンは無罪ですね
もちろん、あの某ファンドも同じ

国会議員(その他の議員)も給料(報酬)を至急されている訳で
後は、職業選択の自由という決まり事がある

ぶっちゃけると、好きで自分で選択したのだから不満があるなら止めればいい

アナリストはアホが商売だという事はしっているけど、
全国ネットで暴言を吐くのはどうかと思う

とりあえず、日本はお先真っ暗


△TOPへ戻る

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(リアル・ライフ・ダイアリー にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form